弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

静岡済生会総合病院,妊娠高血圧症候群の妊産婦死亡事案で提訴される

b0206085_8495031.jpg日テレ「出産直後に死亡 医療過誤で病院を提訴」(2012年4月3日)は次のとおり報じています.

「出産直後に死亡したのは、適切な治療を行わなかったためとして死亡した女性の夫と娘が病院を相手取り9100万円あまりを求める訴訟を3日、静岡地裁に起こした。
訴えたのは、静岡市内の会社員大石芳裕さん(46)と3歳の娘の2人。
訴えなどによると、2008年、当時40歳だった芳裕さんの妻が静岡済生会総合病院で出産後に死亡したのは、血圧が高いにもかかわらず適切な処置を怠ったためとして病院を運営する社会福祉法人に9100万円あまりの損害賠償を求めている。
今回の提訴について社会福祉法人側は、「訴状を読んで対応を検討する」とコメントしている。」


「血圧が高いにもかかわらず適切な処置を怠った」ということからすると,本件は,おそらく,妊娠高血圧症候群(PIH)を発症した妊産婦の死亡事案でしょう.

妊娠高血圧症候群を発症した妊産婦死亡については,例えば,名古屋高裁平成23年2月14日判決は,地方独立行政法人岐阜県総合医療センターに妊娠高血圧症候群(PIH)で入院した31歳の妊婦が予定日より約2カ月早く帝王切開で男児を出産し,その2日後にけいれん発作を起こし死亡した事案で,約8400万円の賠償を命じています.

また,妊産婦死亡症例検討評価委員会の『母体安全への提言2010』は,妊産婦死亡の半数以上について回避可能性ありと報告しています.

本件訴訟の帰趨に注目したいと思います.

【追記】

毎日新聞「損賠訴訟:「出産後妻死亡は医療ミス」 静岡の遺族、済生会を提訴 /静岡」(2012年4月4日)は,次のとおり報じています.
 
「08年に妻(当時40歳)が出産後に死亡したのは静岡済生会総合病院(静岡市駿河区)の医療ミスだとして、同市に住む夫の会社員、大石芳裕さん(46)と長女(3)の2人が3日、同病院を運営する社会福祉法人「恩賜財団済生会」に慰謝料など約9100万円を求める訴えを静岡地裁に起こした。記者会見した芳裕さんは、「(妻は)何も処置されないまま亡くなった。病院からきちんとした説明もない」と話した。

 訴状によると、妻の精子(せいこ)さんは08年11月23日午後6時ごろ、同病院で長女を出産。出産前から最大で200近くに血圧が上昇し妊娠高血圧症候群の症状が出たが、病院は一度降圧剤を投与した以外は鎮痛剤を投与しただけで、適切な処置をしなかったとしている。精子さんは脳出血を起こし、翌24日午前8時に病室で死亡しているのが発見された。

 同病院は、「訴状が届いてから対応を検討したい」と話している。【平塚雄太】」


朝日新聞「遺族、賠償求め提訴/病院で出産後死亡」(2012年4月4日)は,次のとおり報じています.

「静岡市内の女性(当時40)が2008年、静岡済生会総合病院で出産した翌日に死亡したのは、同病院が妊娠高血圧症候群に対する適切な対処を怠ったためだとして、女性の遺族が3日、社会福祉法人恩賜財団済生会(東京都港区)を相手取り約9140万円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こした。

 死亡したのは大石精子(せいこ)さん。提訴したのは夫の会社員、芳裕さん(46)と長女(3)。

 訴状によると、精子さんは2008年11月23日午後5時ごろ、入院。最高血圧が190に達したため、降圧剤を投与され、同5時53分ごろ、長女を出産した。翌24日未明から朝にかけて最高血圧は160~198で推移したが、病院は投薬などの対処をせず、24日午前8時ごろ、死亡が確認された。

 学会の管理ガイドラインでは、最高血圧が160以上の妊娠高血圧症候群は「重症」で、投薬が必要な状況とされているという。

 静岡市内で記者会見した芳裕さんは「妻が危険な状態だったのに、どうして病院側が何もしてくれなかったのか知りたい」などと提訴の理由を述べた。

 同病院は「訴状を読んで対応を検討したい」としている。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-04-03 23:30 | 医療事故・医療裁判