弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

HbA1cの表記変更

b0206085_21522386.jpg

4月1日から,HbA1c(ヘモグロビンにブドウ糖が付着している割合)の表記が日本のJDS値から米国のNGSP値で表記することになりました.

換算式は「NGSP値(%)=1.02×JDS値(%)+0.25」とされています.
他方,おおむね0.4を加えるという説明もなされています.その簡易な換算式は,「NGSP値(%)=JDS値(%)+0.4」です,
上の換算式で求めた値と,0.4を加えるという簡易な方法で求めた数値は異なりますから,混乱しそうな話です.

それに,以前このブログでも書きましたが,国際的にはIFCC値(mmol/mol)を基準として,今まで使用されてきたNGSP値(%)やJDS値(%)を併記するとされています.

JDS値5.0%は, IFCC値35.2 mmol/molです.
JDS値6.0%は, IFCC値45.5 mmol/molです.

今回4月1日 のJDS値からNGSP値への変更について,国際標準にあわせた,という説明がなされていますが,国際標準はIFCC値なのです.NGSP値はいずれIFCC値に変更せざるをえないことになるでしょう.

JDS値からNGSP値へ変更するのではなく,JDS値からIFCC値に変更すれば,変更は一回ですみます.

日本糖尿病学会のやることは,よく分かりません.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-04-04 21:29 | 医療