弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

橋下市長が市営地下鉄の喫煙助役を懲戒免職にするのは,行き過ぎではないか

b0206085_183181.jpg

関西テレビ「橋下大阪市長、たばこで列車に遅れを出した市営地下鉄助役について懲戒免職を検討」(2012年4月6日)は,次のとおり報じています.

3日、大阪市営地下鉄の本町駅で助役が勤務時間外に吸ったたばこが原因で火災警報器が作動、列車が遅れたことに関連し、橋下市長は、懲戒免職処分を検討していることを明かした。
橋下市長は5日、「本人には、免職を基準に考えてもらいたいと思っています。この状況は許しがたいと思っておりますので」と述べた。

4月3日、全面禁煙となっている市営地下鉄本町駅で、54歳の助役が朝食後にたばこを吸ったところ、火災報知機が作動した。
列車4本が遅れ、およそ1,000人に影響が出た。

橋下市長は「服務規律を厳格化していくよと言った直後に、給湯室で一服したというのは、相当緊張感がない」と述べた。
市交通局の服務規程に、喫煙に関する罰則はなく、勤務時間外での一服だというが、橋下市長は、助役を懲戒免職処分とするよう指示を出した。

市営地下鉄では2012年2月、梅田駅で、清掃員のたばこの不始末が原因とみられる火災が発生し、およそ3,000人が地上に避難する騒ぎが起きた。

この火災を受け、橋下市長は3月、服務規律刷新プロジェクトチームを立ち上げ、ルールを守らない職員は厳しく処分すると宣言したばかりだった。

今回の処分に街の人からは、「懲戒はかわいそうですよね」、「くびはきついかも」、「人間そんなにパーフェクトじゃないので、1回・2回の猶予があってもいいんじゃないか」、「(懲戒免職は)妥当だと思います」、「それはやっぱり必要だと思います」、「本当に緩んでいるので、そのくらい厳しくして、こういうことしたら、こうなるとやった方がいい」といった声が聞かれ、今回の処分に賛否が分かれているようだった。

橋下市長は「もちろん、法的には問題があるかもわかりませんが、それは司法決着すればいい」と述べ、法廷闘争も辞さない構えを見せた。

こうした懲戒免職処分をめぐっては、これまでも舞台が法廷に移ることも多くあった。
京都の市立保育所では、調理師が給食の食材を多く発注しすぎたとして、市が懲戒免職処分、鹿児島・阿久根市では、市役所内に掲示されていた職員人件費の貼り紙をはがしたとして、市長が職員を懲戒免職としている。
しかし、いずれも、裁判で処分の取り消しが命じられている。
また、北海道・根室市では、飲酒運転を理由に懲戒免職となった男性に対し、裁判所は「懲戒処分は酷というものだ」と処分取り消しを命じた。 」


アメリカでは,タバコを吸い続けて免職となった警察官の例(※)があります.
しかし,本例は,これとは事案が違います.

懲戒処分には,均衡が求められます.
助役のタバコのせいで列車4本が遅れ,およそ1,000人に影響が出たという事態は,決して軽いことではありませんが,列車を遅らせようとしてタバコを吸ったわけではありませんから,懲戒免職はさすがに均衡がとれません.
懲戒免職に対し,司法がどのような判断を下すかは,分かりきった話です.

橋下市長の喫煙に対する厳しい対応は評価できますが,過ぎたるはなお及ばざるがごとし,薬も過ぎれば毒となる,と言います.かえって,世間の反発を招き,禁煙運動の広がりにマイナスになる懸念があるように思います.

※ AP「禁煙の警察署内でタバコを吸い続けた警官、解雇される」

「米テネシー州ニューバーンの警察は、同市の禁煙方針に従わず管区内でたびたび喫煙していたという理由で、勤続17年の警官を解雇したと発表した。

ジェームズ・ビショップ巡査部長は、先週解雇された。2007年に定められた方針により、同市ではすべての官公庁および公営の建物内部での喫煙が禁止されている。

地元新聞が入手した解雇通知によれば、ハロルド・ドゥニバント署長は、以前から署内で喫煙する部下たちに、懲戒処分の可能性もあると警告していたそうだ。

ドゥニバント署長は、ビショップ巡査部長の喫煙に関しての苦情がやまなかったため、彼を解雇せざるを得なかったと語っている。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-04-07 09:40 | タバコ