弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

岡山大学病院,13年前の手術でガーゼ置き忘れ

b0206085_23153691.jpg

朝日新聞「上あご手術でガーゼ置き忘れ13年 岡山大病院」(2012年4月10日)は,次のとおり報じています.

「岡山大学病院(岡山市北区)は10日、歯のかみ合わせを治す13年前の手術で、ガーゼ1枚(30センチ角の半分の三角形)を患者の上あご内に置き忘れていたと発表した。患者がこの3月に岡山市内の別の病院で手術を受けて発覚した。槇野博史病院長は「心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 岡山大病院によると、ガーゼが見つかったのはほお骨の裏付近にある「右上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞部分。1999年に当時20代の県内の女性が手術を受けた際、当時40代の歯科医が止血に用いたガーゼを置き忘れたとみられる。

 女性が約1年前に蓄膿(ちくのう)症にかかり、今年3月の手術で偶然ガーゼが見つかった。蓄膿症の原因となった可能性もあるとして、病院が医療費を負担するという。」


13年前というと,横浜市立大学病院での患者取り違え事件,都立広尾病院事件などがおきた年です.
このようなミスが,過去の話になればよいのですが.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-04-10 22:25 | 医療事故・医療裁判