弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

ベリタス病院,予防接種で乳児2人に同針使用,河西市に報告せず

b0206085_3221461.jpg毎日新聞「医療ミス:予防接種で乳児2人に同針使用−−川西・ベリタス病院 /兵庫」(2012年4月19日)は,次のとおり報じています.

「川西市は18日、同市新田1のベリタス病院で今月5日、BCGの予防接種で同じ針を2人の乳児に使うミスがあったと発表した。乳児2人の血液検査の結果、ウイルスの感染はなかったという。

 市と病院によると、同日午後、40代の男性小児科医が生後3カ月の男児に注射後、専用の針を廃棄せず、約20分後に生後3カ月の女児にも同じ針を使ったという。同病院では注射した医師が針を廃棄するルールだったが、この小児科医は看護師が捨てると誤解していたという。

 市はベリタス病院に予防接種を委託。同病院は市にミスの報告をせず、保護者が16日、市に健康相談をしたことで発覚した。【高瀬浩平】」


病院は,この小児科医に,注射した医師が針を廃棄することを,きちんと伝えたのでしょうか.もし,きちんと伝えていないとしたら,小児科医よりむしろ病院のほうに責任原因があるように思います.

また,病院が,ミスを市に報告していないのは,再発防止の観点からも良くないと思います.

そういえば,アラームが鳴ったのに,夜勤の看護師3人がすぐに対応せず,患者は呼吸が停止して意識がなくなり死亡した事案で,神戸地裁平成23年9月27日判決は,アラームへの対応を優先すべきだった,と過失を認めましたが,それがこのベリタス病院でした.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-04-19 18:28 | 医療事故・医療裁判