弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

水俣病認定訴訟,最高裁で2訴訟とも勝訴しないと正義は残らない

南日本新聞「「被害者切り捨てだ」水俣病7団体が集会」(2012年4月30日)は,次のとおり報じています.

「国の対応などを相次ぎ批判する水俣病被害者団体の集会=30日、水俣市公民館 水俣病公式確認から56年を迎える5月1日を前に、被害者互助会など7団体が30日、熊本県の水俣市公民館で集会を開いた。関係者ら約150人が参加。逆転敗訴した認定義務付け訴訟大阪高裁判決や、特別措置法による救済申請を7月末で締め切る行政の対応に、「被害者切り捨てだ」などと批判が相次いだ。

 福岡高裁の認定義務付け訴訟で逆転勝訴した「溝口訴訟」原告側代理人の山口紀洋弁護士は、「同じ問題で高裁の判断が分かれた。最高裁では溝口訴訟の勝訴も危うくなる」と指摘。「両方とも勝たなければ、水俣病被害者は一生浮かばれず、正義は残らない」と呼び掛けた。

 熊本学園大の花田昌宣教授は「住民を守るべき行政が幕引きを図ろうとしている。水俣病の問題は終わらせてはいけない」と述べ、「負の教訓を未来に生かし、誇りを持てる水俣にするべきだ」と話した。」


逆転勝訴した福岡高裁判決(担当弁護士山口紀洋先生)と逆転敗訴した大阪高裁判決が,ともに最高裁にあがっています.
最高裁判決に期待いたします.

ちなみに,南日本新聞に,山口紀洋先生の写真が載っています.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-01 02:22 | 医療事故・医療裁判