弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

チッソ水俣病患者連盟事務局長,最後の一人が救われるまで自分は動き続ける

チッソ水俣病患者連盟事務局長の高倉史朗さんの写真と記事が読売新聞に掲載されていました.

「95年の「政治決着」では約1万人に一時金などが支給されたが、救済法ではさらに5万人以上が一時金や医療費が無料になる被害者手帳の支給・交付を申請した。民間医師団による集団検診ではこの1年余で1000人以上に水俣病にみられる症状が確認された。

 「日を追うごとに相談を受ける被害者の地域が広がっている」。その広がりに問題の根深さを思う。

 集団検診は6月にも1500人規模で予定されており、高倉さんも実行委員に名を連ねる。

 見直しを訴えてきた国の患者認定基準を巡っては、福岡高裁判決が2月、「十分とは言い難い」と否定したが、4月の大阪高裁判決は「医学的見解から相当」として判断が割れ、最高裁に決着が持ち越された。福岡高裁の裁判で原告の溝口秋生さん(80)を支援した高倉さんは言う。

 「半世紀以上たっても決着しないのは被害実態が直視されてこなかったから。最後の一人が救われるまで自分は動き続ける」


読売新聞「「最後の一人まで救う」 高倉・患者連盟事務局長」(2012年5月2日)ご参照

 認定基準を見直して,救済すべき被害者をもれなく救済する.それ以外に水俣病事件解決の途はないでしょう.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-02 06:03 | 医療