弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

広島高裁松江支部平成24年5月16日判決,警報音に気づかない鳥取大医学部付属病院に約2億530万円賠償命じる

報道によりますと,急性細気管支炎で鳥取大学医学部附属病院に2002年2月入院した,当時9か月の男児に,心拍呼吸モニターとサチュレーション・モニター(血中酸素濃度に異常が出ると警報音が鳴る装置)がつけられ,ナースステーションに警報音で知らせるようになっていましたが,心拍呼吸モニターの警報音は,うるさいという理由で切られており,サチュレーション・モニターが鳴ったかが争われた事案のようです.

1審では,患者側は,サチュレーション・モニターが鳴ったことの立証に成功しませんでしたが,鳥取地裁米子支部平成21年 7月17日判決は,サチュレーション・モニターが鳴らないことも想定した監視措置を取っていなかったことを認定し,約2億510万円の支払いを命じました.つまり,サチュレーション・モニターが鳴らないことも想定し心拍呼吸モニターの警報音を切らないことを求めたのではないかと思います.

広島高裁松江支部平成24年5月16日判決は,患者側が請求した装置メーカーの調査などに基づき「鳴っていたが医師らが気付かなかった」と新たに認定し,「異変から発見まで13分を要したことは重大な落ち度」との判断から,約2億530万円の支払いを命じました.

朝日新聞「医療ミス 改めて認定」(2012年05月17日)は次のとおり報じました.

「◆鳥取大訴訟控訴審判決/2億円賠償命令◆

医療ミスにより脳性まひで寝たきりになったとして、島根県内の男児(11)と家族が鳥取大学(鳥取市)に約2億3600万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が16日、広島高裁松江支部であった。中野信也裁判長は医学部付属病院の過失を改めて認めたうえで、約2億500万円の支払いを命じた一審・鳥取地裁米子支部判決を一部変更するなどし、約20万円増額した。

 一審判決は、当時9カ月の男児が2002年2月、病院で心停止状態となった際、医師と看護師が気付くのが遅れ、低酸素脳症で重度の後遺症が残ったと過失を認定した。病院側は不服として控訴し、男児側も将来の介護費用の見直しで増額を求めていた。

 この日の判決では、男児の血中酸素濃度を測る装置の警報音が「鳴らなかった」と一審で認めた大学の主張に対し、男児側が請求した装置メーカーの調査などに基づき「鳴っていたが医師らが気付かなかった」と新たに認定。「異変から発見まで13分を要したことは重大な落ち度」と指摘した。

 男児側の弁護士は記者会見し「両親の気持ちに沿った判決。警報音を聞き逃して事故が起きたと認定された。安全に一層注意してほしい」。鳥取大は「判決を斟酌(しん・しゃく)して対応を決めたい」としている。(竹野内崇宏)」


心拍呼吸モニターの警報音を切った状態で,サチュレーション・モニターが鳴ったのに13分間気づかなかったのは,重大な過失と思います.

【追記】
朝日新聞「二審判決不服 鳥大側が上告」(2012年5月29日)は,次のとおり報じています.

「鳥取大学医学部付属病院の医療ミスで寝たきりになったとして、島根県内の男児(11)と家族が鳥取大学に損害賠償を求めた訴訟で、大学側は28日、病院の過失を認めて約2億円の賠償を命じるなどした二審・広島高裁松江支部判決を不服として最高裁に上告した。

 大学は「二審は当方の主張が認められておらず、不服と判断した。事故があったことに争いはないが、最高裁では事実に基づいて判断してもらいたい」

 男児側の高橋敬幸弁護士は「上告は早期解決に背を向けるもので大変遺憾。十分に反省して万全な医療体制となるよう努力していただきたい」と話している。」


上告の理由は,民事訴訟法312条に定められています.

「第三百十二条 上告は、判決に憲法の解釈の誤りがあることその他憲法の違反があることを理由とするときに、することができる。

2 上告は、次に掲げる事由があることを理由とするときも、することができる。ただし、第四号に掲げる事由については、第三十四条第二項(第五十九条において準用する場合を含む。)の規定による追認があったときは、この限りでない。

一 法律に従って判決裁判所を構成しなかったこと。
二 法律により判決に関与することができない裁判官が判決に関与したこと。
三 専属管轄に関する規定に違反したこと(第六条第一項各号に定める裁判所が第一審の終局判決をした場合において当該訴訟が同項の規定により他の裁判所の専属管轄に属するときを除く。)。
四 法定代理権、訴訟代理権又は代理人が訴訟行為をするのに必要な授権を欠いたこと。
五 口頭弁論の公開の規定に違反したこと。
六 判決に理由を付せず、又は理由に食違いがあること。」

本件に,どのような上告理由があるというのでしょうか?

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-18 01:28 | 医療事故・医療裁判