弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

週刊新潮5月24日号,6月8日に子宮肉腫事件の医師尋問があります

週刊新潮2012年5月24日号「医療過誤事件の法廷に立つ宇宙飛行士「向井千秋」夫君」は,私が患者側代理人の1人となっている子宮肉腫医療過誤事件を取り上げています.

或る大学病院の婦人科の医師と病理の医師が,平成15年9月,患者の子宮頸部のポリープ(細胞密度が高く,細胞異型がみられ,核分裂数も多い)について,子宮肉腫である可能性を認めながらも,肉腫に似ていて肉腫ではないきわめて珍らしい偽肉腫を第一選択として経過観察を続けたところ,播種で転移したポリープが腹腔内に穿破し患者が平成16年12月に死亡したため,患者の両親が損害賠償を請求している事案です.

ご遺族は,週刊新潮の取材に答えて,次のとおり述べています.

「その時は“肉腫である可能性はありますが大丈夫です。黒ではないグレーというところなので経過観察します”という説明でした。結局,子宮は残し,“将来の妊娠を目指す”という話になったのです。ところがポリープの除去を何度やっても,また新しいポリープが出来る。それでも病院側は“肉腫に似ているが問題ない”という説明ばかりでした」

「開腹手術をしてみたら,肉腫が転移し,腹腔内にびっしり増殖している状態だというのです」

(説明会の場で)「●●先生は“患者さんが自分の妻だったら全摘手術をしただろう”って言うのです。この言葉を聞いて仁美を失った私たちは頭が真っ白になりました」

私のコメントは要約されて,次のとおり掲載されています.

「普通の医師なら病理検査の段階で,子宮の摘出手術を勧めるところです。なのに,●●医師と担当医は,きわめて珍しい偽肉腫である可能性にこだわり,学会に報告もしている。このため,処置が遅れたと言わざるを得ません」

病理検査で細胞密度が高く,細胞異型がみられ,核分裂数も多いことがわかった段階で,肉腫として取扱い,肉腫の転帰を説明し,子宮摘出手術の話をしていくのが普通だと思います.ところが,この件はそうならずに,学会誌に,日本で1例目となるきわめて珍しい偽肉腫の例として報告されています.
なお,その転帰については,学会への報告はありません.

6月8日午後に婦人科の医師と病理の医師の尋問があります.ご遺族のお気持ちにこたえ,事実を明らかにしたいと思います.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-19 09:25 | 医療事故・医療裁判