弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

受動喫煙に関する屋内労働者8,000人の意識調査~8割が職場の全面禁煙・完全分煙を希望 

労働安全衛生法改正で注目が集まる職場の受動喫煙対策ですが,屋内労働者8,000人に対する意識調査の結果,法律や条例による喫煙対策の義務化にも6割以上が賛成していることがわかりました.

■ 進む受動喫煙対策!屋内労働者の職場環境、72%が既に全面禁煙または分煙

屋内労働者8,000人に「あなたの職場での喫煙環境をお答えください」と尋ねたところ、「屋内・屋外に関わらず、勤務中は全面禁煙としている」20%(1,624人/8,000人)、「建物内全体を禁煙としている」27%(2,185人/8,000人)、「建物内に喫煙室を設け、煙が漏れないようにしている(分煙)」25%(2,016人/8,000人)と、72%(5,825人8,000人)が職場の喫煙環境を全面禁煙または分煙と回答しました。

一方で、職場の規模別に受動喫煙対策が取られていない割合を見てみると、「1,000人以上」12%(257人/2,165人)、「300人~999人」14%(145人/1,037人)、「100人~299人」17%(183人/1,061人)、「50人~99人」25%(192人/774人)、「49人以下」34%(1,012人/2,963人)と、職場の規模に関わらず受動喫煙対策は高い割合でとられているものの、規模の小さい企業・機関になるほど、受動喫煙対策が取られていないことが分かりました。

■ 避けられない受動喫煙による健康への影響を心配している屋内労働者は58%

屋内労働者8,000人に「あなたは、職場における受動喫煙による周りの非喫煙者の健康への影響をどのようにお考えですか」と質問したところ、「心配している」28%(2,254人/8,000人)、「やや心配している」30%(2,380人/8,000人)と、全体の58%(4,634人/8,000人)が受動喫煙の健康への影響を心配していることが分かりました。

この結果を非喫煙者と喫煙者で分析してみると、非喫煙者は、「心配している」35%(2,086人/6,018人)、「やや心配している」30%(1,828人/6,018人)と、65%(3,914人/6,018人)が心配しているのに対し、喫煙者は、「心配している」8%(168人/1,982人)、「やや心配している」28%(552人/1,982人)と、受動喫煙の健康への影響を心配していた割合は36%(720人/1,982人)に止まりました。

■ 望まれる全面禁煙、または完全分煙の職場!屋内労働者の81%が希望

屋内労働者8,000人に「あなたの職場で、どのような喫煙環境を望んでいますか」と尋ねると、「建物内全体を禁煙とする」26%(2,085人/8,000人)、「屋内・屋外に関わらず、勤務中は全面禁煙とする」24%(1,940人/8,000人)、「建物内に喫煙室を設け、煙が漏れないようにする(分煙)」30%(2,468人/8,000人)と、81%(6,493人/8,000人)が全面禁煙、または分煙の職場を希望していることが分かりました。

非喫煙者と喫煙者で比較してみても、非喫煙者が「建物内全体を禁煙とする」30%(1,794人/6,018人)、「屋内・屋外に関わらず、勤務中は全面禁煙とする」30%(1,815人/6,018人)、「建物内に喫煙室を設け、煙が漏れないようにする(分煙)」25%(1,509人/6,018人)と、85%(5,118人/6,018人)が全面禁煙、または完全分煙を希望した一方で、喫煙者でも「建物内全体を禁煙とする」15%(291人/1,982人)、「屋内・屋外に関わらず、勤務中は全面禁煙とする」6%(125人/1,982人)、「建物内に喫煙室を設け、煙が漏れないようにする(分煙)」48%(959人/1,982人)と、69%(1,375人/1,982人)が全面禁煙、または分煙を容認していることが分かりました。

■ 法律や条例による喫煙対策の義務化に屋内労働者の64%が賛成

屋内労働者8,000人に「国や地方自治体が法律や条例で、タバコを吸わない労働者などの健康を保護する目的で、地域全体の職場、レストランやバーを含む公共の場における屋内ならびにタクシーを含む公共機関での全面禁煙を義務付けることをあなたはどう思いますか」と尋ねたところ、「賛成」45%(3,637人/8,000人)、「やや賛成」19%(1,483人/8,000人)と、全体の64%(5,120人/8,000人)が賛成と回答、「反対」8%(656人/8,000人)、「やや反対」8%(615人/8,000人)と、喫煙対策の義務化に反対と回答した割合は、わずか16%(1,271人/8,000人)に止まりました。

職業別に見ても、喫煙者の利用が多く、ビジネスへのマイナスな影響が懸念されている「飲食業・宿泊業」でも「賛成」35%(196人/554人)、「やや賛成」20%(113人/554人)と、55%(309人/554人)が賛成と回答、「娯楽業」でも「賛成」37%(85人/228人)、「やや賛成」19%(43人/228人)と、56%(128人/228人)が賛成と回答しました。

■ 全面禁煙が義務化されてもビジネスに悪影響はないと思う屋内労働者が70%

屋内労働者8,000人に「もし国や地方自治体が法律や条例で、タバコを吸わない労働者などの健康を保護する目的で、地域全体の職場、レストランやバーを含む公共の場における屋内ならびにタクシーを含む公共機関での全面禁煙を義務付けた場合、あなたが働いている職場のビジネスへの影響についてどのようにお考えですか。」と尋ねたところ、「顧客は増え、売上が上がると思う」3%(208人/8,000人)、「顧客は多少増え、売上も多少上がると思う」3%(270人/8,000人)、「影響はないと思う」64%(5,133人/8,000人)と、喫煙対策の義務化がビジネスに悪影響を与えないと思う屋内労働者が70%(5,611人/8,000人)に及ぶことが分かりました。

一方で、職業別に見ると、「娯楽業」では「顧客が減り、売上が下がると思う」20%(45人/228人)、「顧客は多少減り、売上も多少下がると思う」18%(40人/228人)と、38%(85人/228人)が売り上げが下がると回答、「飲食業・宿泊業」でも「顧客が減り、売上が下がると思う」16%(87人/554人)、「顧客は多少減り、売上も多少下がると思う」24%(134人/554人)と、40%(221人/554人)が「売り上げが下がる」と回答しました。

以上,ニコレット禁煙支援センター調べです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-19 23:03 | タバコ