弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

銀座眼科事件和解成立(報道)

毎日新聞「レーシック手術:「銀座眼科」元院長らと患者で和解成立」(2012年7月20日)は,次のとおり報じています.

「東京都中央区の「銀座眼科」(閉鎖)でレーシック手術を受けた男女54人が、溝口朝雄元院長(50)=業務上過失傷害罪で禁錮2年が確定=と保険会社2社に総額計約4億3000万円の損害賠償を求めた訴訟は20日、東京地裁で和解が成立した。原告側弁護団によると、訴訟外で交渉していた6人を含む60人に対し、元院長が契約していた医師賠償責任保険から計約2億6000万円(1人当たり57万〜2193万円)を支払うなどの内容。

 60人は1都8県の21〜69歳の男女で08年9月〜09年1月、銀座眼科2件でレーシック手術を受け、角膜炎や角膜潰瘍を発症。「元院長が手術器具の消毒や滅菌をしなかったことが原因」などと訴えていた。現在も、39人が視界が悪くなるなどの後遺症があるという。」


テレビニュースには,原告ら代理人弁護士末吉宣子氏と,同梶浦明裕氏の姿が両サイドに映っていました.

2008年~2009年の事件ですので,和解成立まで年月がかかったのは,保険会社側の抵抗のためでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-21 09:01 | 医療事故・医療裁判