弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

日本大学歯学部付属歯科病院,個人情報を含むノートパソコン紛失(盗難)

2012年7月30日,日本大学歯学部付属歯科病院のサイトに「患者様の個人情報を含むノートパソコン紛失(盗難)に関するお詫びとお知らせ」が掲載されました.

紛失(盗難)の経緯は,以下のとおりです.

「平成24年7月17日に,医局内にて使用し,机の引き出しにしまい,その後7月23日に再び使用するため,引き出しを開けたところ,ノートパソコンが無くなっていることに気付きました。医局内を探しても見当たらなかったため,所管警察署に盗難届を提出し,これまで捜索を継続して参りましたが,発見には至っておりません。紛失したノートパソコンにはログインパスワードの設定はしてあります。」

① 日本大学歯学部付属歯科病院の患者様(325人分)
② 埼玉県立小児医療センターの患者様(180人分)
③ 日本大学医学部総合健診センターの受診者様(61人分)
④ 日本大学歯学部の学生ご父母様(62人分)
⑤ 学生連絡先(130人分)
の個人情報が入っているとのことです.

msn産経「小児医療センターの患者情報入りパソコン盗難 埼玉」(2012年7月30日) は,次のとおり報じています.
 
「埼玉県は30日、県立小児医療センターの患者180人分の個人情報が記録されたパソコンが盗難被害にあったと発表した。

 県によると、小児医療センターの非常勤女性歯科医(39)が23日、勤務している日本大学歯学部の部屋で保管していたノート型パソコンがなくなっているのに気付いた。パソコンには同センターで治療した患者180人分の病名や治療記録などが入っていたという。

 県は、許可を得ずに個人情報を持ち出したとして女性歯科医の処分を検討している。個人情報の流出は確認されていないという。」


医局内の机の引き出しは,安全な保管場所ではありません.
個人情報は必ず暗号化することが必要と思います.


ちなみに,報道によると,昨年6月以降,個人電磁情報の紛失事故は,以下の施設で起きています.

2011年 6月
慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター
北海道大学病院

2011年7月
医療法人 柏堤会(財団) 戸塚共立第1病院
藤田保健衛生大学病院
昭和大学歯科病院

2011年8月
筑波メディカルセンター病院

2011年9月
千葉県精神科医療センター
鹿児島大学病院

2011年10月
JA茨城県厚生連茨城西南医療センター病院
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院
大和市立病院

2011年11月
独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

2012年1月
医療法人聖愛会
独立行政法人国立病院機構千葉医療センター
独立行政法人国立病院機構宇多野病院
東京女子医科大学附属八千代医療センター

2012年2月
京都府立洛南病院(ただし一時紛失)
岡山大学病院
藤沢市民病院
長崎大学病院

2012年3月
日本赤十字社医療センター

2012年4月
ごう在宅クリニック(札幌)
静岡県立病院機構静岡県立総合病院
広島大学病院
福岡大学病院

2012年5月
福岡大学病院

2012年7月
日本大学歯学部付属歯科病院

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-31 07:39 | 医療