弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療ミスと因縁をつけ1000万円を受け取ったとして恐喝で逮捕(報道)

時事ドットコム「「医療ミス」1000万円恐喝容疑=夫がん死、62歳女逮捕-茨城」(2012年8月27日)は次のとおり報じています.

「医療ミスがあったと因縁をつけ、開業医から1000万円を脅し取ったとして、茨城県警石岡署は27日、恐喝容疑で同県かすみがうら市宍倉、無職×××容疑者(62)を逮捕した。同署によると「現金を受け取ったが、相手から申し出たことで脅し取ってはいない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は2005年10月ごろ、内縁の夫=当時(53)、06年に病死=と共謀し、夫が通院していた石岡市内の内科医院院長の男性医師(50)に対し、「病気が進んでいるのに気付かなかったのは医療ミスだ」と因縁を付け、暴力団の名前を出して家族にも危害を加えるなどと脅し、現金1000万円を振り込ませた疑い。
 同署によると、夫は消化器系の不調を訴え、同医院に01年から05年9月ごろまで通院していた。その後、同県土浦市内の総合病院に通院先を変えたところ、胃に悪性の腫瘍が見つかり、胃がんで死亡した。医師は05年11月に被害届を提出し、同署が捜査を進めていた。」


消化器系の不調を訴え01年から05年9月ごろまで通院していたのですから,医師に「病気が進んでいるのに気付かなかったのは医療ミスだ」と述べるのが「因縁をつけ」にあたるのかいささか疑問の余地はありますが,暴力団の名前を出して家族にも危害を加えるなどと脅したとすれば,債権の行使方法が違法ですので恐喝となります.
本件は,当事者間の示談交渉ではなく,提訴し判決で解決したほうがよかったのではないでしょうか.本当に,胃がんの見逃しに過失があり,胃がんの見逃しと死亡との間に因果関係があれば,1000万円ではすまなかったはずです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-28 02:22 | 医療事故・医療裁判