弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

つるぎ町立半田病院の看護師,フェイスブックに認知症の疑いで入院している患者の写真を投稿(報道)

読売新聞「看護師、交流サイトに入院患者の写真投稿…徳島」(2012年9月27日)は,次のとおり報じています.

「徳島県つるぎ町立半田病院の20歳代の女性看護師が、認知症の疑いのある男性入院患者の症状をうかがわせる写真を、インターネットの交流サイト「フェイスブック」に掲載していたことがわかった。

 同僚とともに男性を中傷するかのような書き込みもしており、病院は「人権侵害があった」として、看護師と同僚の計4人を厳重注意処分としたが、事態を重くみて、改めて処分内容を検討している。

 病院によると、看護師は23日の勤務中、ナースステーションで70歳代の男性の後ろ姿を撮影した写真を、自分のページに「ちょっと目を離した隙に」との書き込みを添えて投稿した。

 患者の特定や病院名などの記載はなかったが、同僚や友人ら約40人が閲覧できる状態だったといい、内容を見た同僚3人も一緒に楽しんでいるかのような文言を書き込んでいた。

 24日に匿名の電話で「看護師としてあるまじき行為ではないか」と病院に指摘があり、発覚。看護師は同日、内容を削除した。病院の聞き取りに「仲間うちだけでやり取りをするつもりで、軽い気持ちで投稿してしまった」と反省していたという。

 同病院は26日、大垣浩志副町長や鎌村俊博事務長らが対応策を協議。勤務中の携帯電話の取り扱いは各自に任せていたが、今後、何らかの規制をする方向で検討することにした。鎌村事務長は「職務違反であるのは明らかで申し訳ない。今後、信頼回復に努めたい」としている。また、今回の問題を受け、県は近く約1100の医療機関に対し、個人情報の適正な取り扱いを求める通知を送るという。

 一方、認知症の人と家族の会県支部の大下直樹代表世話人は「看護師が患者に無断で情報を掲載するなど、あってはならない」とし、再発防止を求める申し入れなどを検討する。

 園田寿・甲南大法科大学院教授(情報法)の話「仮に仲間内でのやりとりであっても、個人を中傷する内容を公開していれば、名誉毀損(きそん)に問われる可能性がある行為だ。近年、患者の尊厳を守る医療行為が、特に求められるようになっている。各医療機関は研修会などを通じ、改めて医療従事者に意識の徹底を促していかなければならない」(川本修司、山上高弘)」


本件は,看護師個人の責任にとどまらず,医療機関の使用者責任が発生する可能性があります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-09-27 12:44 | 医療事故・医療裁判