弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

日本医師会,平成24年12月22日「医療基本法(仮称)制定に関するシンポジウム」開催

日本医師会は,平成24年12月22日(土)14時00分~16時30分,日本医師会館大講堂で,一般公募および医師会関係者を対象に「医療基本法(仮称)制定に関するシンポジウム」を開催するとのことです.
医療基本法制定への動きも加速してきました.

開催趣旨
医療に関する基本法を制定すべきとする議論は、日本医師会が昭和43年に公表した「医療基本法第一草案」および平成24年3月にとりまとめられた医事法関係検討委員会報告書においても一貫して述べられている。
同様の議論は、近時、患者の権利法制定をめざす市民団体や、医療政策に関する研究グループ等からも相次いで示され、これに関するシンポジウムも各所で開催されているが、医療提供者側からの情報発信は未だ十分とは言えない。
本シンポジウムは、このように議論が活発になりつつある医療基本法制定に関する問題について、日本医師会の主催のもとに、国会議員や政策担当者も交えて意見交換し、医療提供者と患者の信頼関係を強固なものとする医療基本法の制定をめざすものである。

〈第一部>
開会挨拶 横倉会長
報 告
・小西洋之(参議院議員・医療基本法議連)
・大井利夫(日本病院会顧問・医事法関係検討委員会副委員長)
・伊藤雅治(全国社会保険協会連合会理事長・患者の声を医療政策に反映させるあり方協議会副代表世話人)
・田中秀一(読売新聞東京本社論説委員)

〈第二部>
指定発言
・古川俊治(参議院議員)
・厚生労働省担当者(依頼中)
総合討論 
総括 羽生田副会長
進行 ・鈴木勝彦(静岡県医師会長・医事法関係検討委員会委員長)・今村定臣常任理事



なお,その1か月ほどまえの11月10日には,
医療基本法シンポジウム「患者も医療者も幸せになれる医療をめざして」
が開かれます。
こちらの基調講演は,今村定臣さんと鈴木利廣さんです.

実行委員会には福岡県医師会、福岡県保険医協会、福岡県歯科保険医協会、医療過誤原告の会、患者納得の会INCA、医療の良心を守る市民の会、大阪HIV薬害訴訟原告団、東京HIV訴訟弁護団、薬害オンブズパースン会議、医療問題弁護団、NPO法人患者の権利オンブズマン、医療事故防止・患者安全推進学会、患者の権利オンブズマン東京等が名を連ねています。

日時 2012年11月10日14時~17時
場所 ガスホール(福岡市博多区千代1-17-1パピヨン24ビル3F)

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-10-03 23:34 | 医療