弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

福岡歯科大学医科歯科総合病院,患者128名分の個人情報を含むノートパソコン及びUSBメモリー盗まれる

福岡歯科大学医科歯科総合病院は,2012年10月2日「患者様の個人情報を含むノートパソコン等の盗難に関するお詫びとお知らせ」を発表し,患者128名分の個人情報を含むノートパソコン及びUSBメモリーの盗難について謝罪しました.

2012年9月30日夕刻,本院歯科医師が早良区内の駐車場に車を預け,翌10月1日に駐車場に戻ったところ、窓ガラスが割られ,中に置いていた患者様の個人情報の入ったパソコン及びUSBメモリー(1個)が盗まれていた,とのことです.

盗難に遭った個人情報は,(1)手術記録98件,(2)術後カンファレンス資料30件,(3)入院診療録表紙29件,(4)手術同意書27件,(5)術前カンファレンス資料24件,(6)病状説明16件,(7)紹介状6件,(8)手術委任状1件だそうです.

「今後は、「個人情報管理体制のガイドライン」を作成するとともに、あらためて診療情報管理について周知を図り、再発防止に向けて教職員一丸となって取り組み、情報管理のさらなる強化を徹底いたします。」とのことです.

ノートパソコンやUSBメモリーの盗難は必ず起きることですので,暗号化しない限り,個人情報をノートパソコンやUSBメモリーにコピーできないようにすることが,再発防止のために必要と思います.


ちなみに,報道によると,昨年6月以降,個人電磁情報の紛失事故は,以下の施設で起きています.

2011年 6月
慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター
北海道大学病院

2011年7月
医療法人 柏堤会(財団) 戸塚共立第1病院
藤田保健衛生大学病院
昭和大学歯科病院

2011年8月
筑波メディカルセンター病院

2011年9月
千葉県精神科医療センター
鹿児島大学病院

2011年10月
JA茨城県厚生連茨城西南医療センター病院
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院
大和市立病院

2011年11月
独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

2012年1月
医療法人聖愛会
独立行政法人国立病院機構千葉医療センター
独立行政法人国立病院機構宇多野病院
東京女子医科大学附属八千代医療センター

2012年2月
京都府立洛南病院(ただし一時紛失)
岡山大学病院
藤沢市民病院
長崎大学病院

2012年3月
日本赤十字社医療センター

2012年4月
ごう在宅クリニック(札幌)
静岡県立病院機構静岡県立総合病院
広島大学病院
福岡大学病院

2012年5月
福岡大学病院

2012年7月
日本大学歯学部付属歯科病院

2012年8月
名古屋大学医学部附属病院

2012年9月
沖縄県立中部病院
福岡歯科大学医科歯科総合病院


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-10-05 22:03 | 医療