弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

公立八女総合病院,未破裂の脳動脈瘤の説明不十分で和解(報道)

読売新聞「脳手術で半身まひ、69歳女性が八女市と和解」(2012年10月10日)は,次のとおり報じています.
 
「福岡県八女市が運営する公立八女総合病院で脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けた後、左半身がまひして寝たきりとなった八女市の女性(69)とその夫が、慰謝料など計約3550万円の損害賠償を市側に求めた訴訟は9日、福岡地裁(平田豊裁判長)で和解が成立した。市側は、手術前の説明が不十分だったことを認めて謝罪し、和解金800万円を支払う。

 訴状によると、女性は2006年10月、頭痛を訴え、同病院に搬送され、脳動脈瘤の手術を受けて成功した。その後、別の未破裂の脳動脈瘤が見つかり、同12月に手術を受けた。その後、左半身がまひしたという。

 原告側は、医師から「失敗確率はほとんどない」「手術以外に治療法はない」と説明されたと主張。「別の未破裂の動脈瘤は2~3ミリ程度で、脳外科学会のガイドラインでは、手術を回避して経過観察すべきだとされている」などと訴えていた。」


未破裂の動脈瘤は,手術を実施したほうがよいのか,実施しないほうがよいのか,人により判断が分かれ,手術を希望しない人も少なくありません.未破裂の動脈瘤の手術についての説明義務違反事案は,「説明義務違反と結果との因果関係」が認められやすい類型です.
裁判例も多く,とくに最高裁平成18年10月27日判決(判例時報1951号59頁)がよく知られています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-10-10 23:38 | 医療事故・医療裁判