弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

静岡市立清水病院の医療事故,循環器内科医が書類送検されていた(報道)

朝日新聞「心臓手術で死亡、医師書類送検/静岡」(2012年10月11日)は,次のとおり報じています.

「静岡市立清水病院で2008年11月、同市の男性(当時76)が心臓カテーテル手術を受けて死亡した問題で、県警が手術を担当した男性医師を業務上過失致死容疑で書類送検していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、医師は「血管を傷つけたことは間違いない」とした上で、「死因になるとは思わなかった」と話しているという。

 死亡した男性は08年10月、下腹部の痛みを訴えて同病院に搬送され、腹膜炎の手術を受けた。入院中の同年11月12日に心筋梗塞(こうそく)を発症。この医師の執刀により、金属の網の筒「ステント」を冠動脈に入れる心臓カテーテル手術を受けた後、病室で容体が悪化して死亡した。病院は翌13日、医師法に基づき、異状死として県警に届けた。

 捜査関係者によると、医師が心臓の右冠動脈内に「ガイドワイヤ」を通した際に動脈を傷つけ、心臓と心膜の間に血液がたまり、拍動を阻害する「心(しん)タンポナーデ」が起きて男性を死亡させた疑いがあると判断したという。今年2月に書類送検した。

 病院が設置した医療事故調査委員会は当時、「常識の範囲を逸脱する手技や対応は存在しなかった」と結論づけている。病院によると、医師は男性の死亡後に退職した。

 この医療事故を巡っては男性の遺族が10年8月、静岡市に慰謝料など約3900万円の損害賠償を求めて静岡地裁に提訴した。市側は同10月の第1回口頭弁論で争う姿勢を示している。(小林太一)」


静岡市立清水病院は,市合併前は「清水市立病院」でした.
静岡市立清水病院から被害をなくす会 」のサイトには,昭和60年2月の研修医による出産時の切開手術ミスのAさんの例からはじまり,子宮がん手術で尿管損傷,後遺障害のRさんの例まで事故例があげられています.上記新聞報道は,Qさんの例です.

【追記】

毎日新聞「市立清水病院の入院患者死亡:業過致死容疑の医師、不起訴に−−地検 /静岡」(2012年10月30日)は,次のとおり報じました.

「08年11月に静岡市清水区の市立清水病院で当時76歳の男性患者が急性心筋梗塞(こうそく)の治療後に死亡した問題で、静岡地検は29日、業務上過失致死容疑で書類送検されていた同病院の男性医師を容疑不十分で不起訴にしたと発表した。

 医師が心臓カテーテル治療を行った際に患者の心臓の血管を傷つけたとされたが、地検は「複数の専門医に検証してもらったが治療が原因とか、血管を傷つけたのが医師の不注意とは言い切れない」と話した。【平塚雄太】」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-10-11 22:22 | 医療事故・医療裁判