弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

治療方法の説明と満足度は関連する,治療サポート制度は説明されていない(ファイザーの調査)

ファイザー株式会社が,がん患者と家族それぞれ1,000人に聞いたインターネット調査の結果が,2012年10月11日,発表されました.

1 治療方法の説明と満足度

「医師から治療選択肢を与えられ、医師と相談の上、決定した」73.3%(733人)
「自分に相談なく医師が決定した」18.6%(186人)

「自分に相談なく医師が決定した」と回答した人のほうが治療満足度が低い,という結果がでています.当然でしょう.

2 治療サポート制度

患者
「説明を受けていない」52.3%(523人)
「知らない」66.6%(666人)
「利用したことがある」1.7%(17人)。

家族
「説明を受けていない」61.4%(614人)
「知らない」73.6%(736人)
「利用したことがある」2.4%(24人)

説明が必要でしょう.

そのほか,セカンドオピニオンについては,認知率が高いが利用率が低い,などの結果がでています.

詳しくは,ファイザー株式会社のサイトご参照

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-10-12 09:13 | 医療