弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

長崎市立市民病院,人工呼吸器の部品を逆向きに装着し約15分間無酸素状態で意識不明に(報道)

日テレニュース「人工呼吸器の装着ミス…男性が意識不明」(2012年10月26日)は,次のとおり報じています.

「長崎市の市立病院で医療事故です。人工呼吸器の装着ミスで救急搬送された男性が意識不明となっていることがわかりました。

意識不明となっているのは、長崎市の80代の男性です。男性は10月21日の朝、急性心不全の疑いで市立病院に救急搬送され、心臓に管を入れて行う心臓カテーテルの検査を受けました。その際、医師と看護師が人工呼吸器を装着しましたが、部品を逆にし、酸素が行きとどかないまま、およそ15分間処置をしていました。男性は一時、心肺停止の状態となり、現在は集中治療室で意識不明のまま治療を受けています。市立病院は男性の意識の回復に向けた治療と再発防止に向け、さらに事故の詳しい調査を行う方針です。」


人工呼吸器の部品を逆向きに装着しないように部品の向きを確認するという注意義務があります.
2004年にも菊名記念病院で人工呼吸器の部品を逆向きに接続し,患者が死亡した事故がおきています.人は同じ過ちを繰り返しますので,再発防止策が大事と思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-10-26 22:18 | 医療事故・医療裁判