弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

京都刑務所などに収容されていた元受刑者が適切な検査を受けられずがんが進行した事案で国を提訴(報道)

読売新聞「受刑中に医療受けられず、がん進行 国を提訴へ 耳から出血でも検査受けられず」(2012年12月7日)は,次のとおり報じました.
 
「京都刑務所などに収容されていた元受刑者の男性(59)が、体調の異変を訴えたのに適切な検査を受けられず、約3年後にがんと診断された際には手術困難な状態に進行していたとして、国に損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こす方針を決めた。男性の刑事裁判を担当した弁護士ら14人は弁護団を結成し、「男性への対応は極めてずさん。国は受刑者らに適切な医療を施す義務がある」と訴えている。

 男性は、車のナンバープレートを盗んだとする窃盗罪などで公判中の2008年11月、大阪拘置所(大阪市都島区)に収容された。

 弁護団によると、男性は09年1月頃、左耳の下のしこりに気づいた。次第に痛みも強まり、職員に再三検査を申し込んだが、「問題ない」として取り合ってもらえなかった。

 懲役3年8月の実刑が確定した後の09年6月、京都刑務所(京都市山科区)に移った。たびたび耳から出血し、顔面マヒになるなど症状は悪化したが、鎮痛剤を処方される程度だった。今年1月、京都市内の病院で検査を受け、「左耳下腺腫瘍および左顎下(がっか)リンパ節転移」と悪性の疑いが示されたが、その後も所内の軽作業をさせられたという。

 男性の弁護士が、同刑務所に緊急の医療措置を求める要望書を出し、男性は3月末、八王子医療刑務所(東京都八王子市)に移監された。数日後、所内の検査で、腫瘍はがんで肺にも転移していることが判明。男性は8月に出所したが、大阪市内の病院で「根治的治療は困難」と診断され、入退院を繰り返しながら抗がん剤の投与を受けている。

 男性は「受刑者にも医療を受ける権利はある。国の対応は許せない」と憤る。弁護団も「顔面がゆがむなど異常が明らかなのに放置し続けた」と、国側の対応を批判している。

 大阪拘置所は「医療措置は全て医師の判断に任せている」、京都刑務所は「受刑者の中に男性がいたかどうかも答えられない」としている。」



受刑者にも医療を受ける権利がありますので,人手がないというのは正当な理由にならないでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-07 13:04 | 医療事故・医療裁判