弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

国立天文台,「ふたご座流星群を眺めて,みんなで報告しよう」

13日から14日未明にかけて,三大流星群の一つ「ふたご座流星群」がよく見える,とのことです.新月で月明かりがなく,雲もない今夜は,ふたご座流星群日和です.
→ 国立天文台「ふたご座流星群を眺めて、みんなで報告しよう

ナショナルジオグラフィック ニュース「ふたご座流星群、14日朝にピーク」(2012年12月12日)は,次のとおり伝えています.

「ふたご座流星群の塵は毎秒32キロの速度で大気に突入する。この速度は他の流星群に比べて遅く、1秒から2秒ほどの長くて美しい尾を引く流星を観察できる。

 北半球では流星群の放射点、すなわち見かけ上の流星発生点はふたご座にある。放射点に近いふたご座アルファ星のカストルは、午後9時頃になれば高度30度あたりまで昇ってくる。

 観察するなら午後10時から午前5時頃がよいとブレス氏は説明する。そして最も観察に適した時間は14日未明だ。「午前2時頃に放射点が南中し、天空で最も高い位置に来る。この時が最大の見どころになるだろう」。

 さらにおまけとして、目の良い人ならいくつかの惑星と流星の競演も観察出来るとトッド氏は語る。

「ふたご座のすぐ西には木星が明るく輝き、一晩中観察出来る。そして日の出の直前になると、土星や金星や水星が南東の地平から顔を出し、美しい光景を作り出す。視界の開けた場所で毛布にくるまり、素晴らしいショーを堪能して欲しい」。」
072.gif

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-13 23:42 | 趣味