弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

日本産科婦人科学会の新出生前診断で指針案,後退(報道)

共同通信「検査開始は来年3月以降 学会が新出生前診断で指針案」(2012年12月15日)は,次のとおり報じました.

 
「妊婦の血液で胎児のダウン症など3種類の染色体異常を調べる新しい出生前診断について、日本産科婦人科学会は15日、実施指針の最終案をまとめ公表した。約1カ月間の意見募集を踏まえ、学会でさらに審議する。検査開始の前提となる指針の確定は来年3月以降の見通しとなった。

 複数の施設は年内にも臨床研究の開始を計画しているが、小西郁生理事長は「指針確定後に始めるべきだ」と指摘した。

 学会の倫理委員会で検討していた指針案と比べ、最終案では実施施設の条件が緩和された。施設を国が認定する制度の確立を求めていたが、認定主体が同学会や関連団体で構成する機構に替わった。」


日テレ「新出生前診断 学会が指針案発表」(2012年12月15日)は,次のとおり報じました.
 

「妊婦の血液検査で胎児の、一部の染色体異常がわかる新しい出生前診断について、産婦人科医の学会は15日、「実施施設の認定制度」を柱とする指針案を初めて発表した。

 日本産科婦人科学会が15日に発表した指針案では、新しい出生前診断を行う施設の質を保つため、第三者機関をつくり、認定、登録する制度をつくるとしている。認定の条件は、産婦人科と小児科の両方に染色体異常や遺伝に詳しい常勤医師がいること、検査だけでなく妊娠の経過を同じ施設で観察することなどで、両親への「遺伝カウンセリング」の充実を求めている。対象となる妊婦は、出産時に35歳以上、または染色体異常の子供を妊娠したことがある場合などに限定する。

 学会は、指針案について約1か月間、一般の意見を募り、来年3月にも正式決定する。」


倫理委員会で検討していた指針案の段階で,フライング報道がありましたが,案の定,最終案は後退した内容になりました.
このような案では,日本ダウン症協会などが反対するのではないでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-15 20:28 | 医療