弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

登録販売者制度の不正,西友は氷山の一角(報道)

b0206085_13335012.jpg

週刊ダイヤモンド「西友の不正は氷山の一角 揺らぐ薬の登録販売者制度」 (2012年12月20日)は,次のとおり報じました.

「一般用医薬品(大衆薬)の販売資格である登録販売者の試験をめぐり、不正が相次いでいる。11月には西友が大規模な不正受験を行ったことを公表したが、今後も同様の事例が増える可能性は高い。早急に対策を講じなければ、登録販売者制度の崩壊を招きかねない。

高齢化により膨れ上がる医療費を軽減する目的で始まった登録販売者制度だが、不正受験が相次いでいる

大手ホームセンターの医薬品売り場に勤める薬剤師のAさんは約2年前、上司に呼ばれて2枚の紙を渡された。

 その紙とは、従業員が医薬品販売に従事したことを証明する「実務経験証明書」で、後述する医薬品の登録販売者試験に必要な書類である。

 だが、上司から渡された証明書の一枚はシャンプー売り場の担当者、もう一枚は日用品売り場全体を管理するマネジャーのものであり、両人とも医薬品販売に従事などしていない。

 Aさんは当初、虚偽の証明を拒んだが、「無理やり捺印させられた」という。」


これはいくらなんでもひどいです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-20 01:24 | 医療