弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

良心を枉げて易きにつく者は悔いを千載に残す

「良心を枉げて易きにつく者は悔いを千載に残す」
故池永満先生の座右の銘です。
b0206085_2156292.jpg

論説委員大矢雅弘氏が,朝日新聞2013年1月26日夕刊に,故池永満先生のことを書いています.

「彼は,いまの議論を20年前にすでにしていたことになる」(鈴木利廣氏)

「単に先見性を持つ人は多いが,組織力と実行力という三拍子そろった珍しい人だった」(安東毅氏)

「最先端の問題を,こんなふうにやろうと言いだし,闘うための仕掛けをつくっていく。そこが池永さんの真骨頂だ」(東島浩幸氏)

最先端の困難な問題に正面から向かい切り開いてきた故池永満先生に悔いはないでしょう.

なお,最もめざましい成果をあげたのは,患者の権利オンブズマンの活動と評価されています.
患者の権利オンブズマン東京は,2013年3月9日に総会記念講演会を東京・飯田橋で開きます.
事前申込はコチラから.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-27 22:00 | オンブズマン