弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

全世界でがんによって「健康寿命」が失われた期間は約1億6930万年

2月4日は「世界対がんデー」です.

国際がん研究機構(IARC)のIsabelle Soerjomataram氏らの研究によると,がんによって健康的な生活を送れる「健康寿命」が失われた期間は,2008年の1年間で約1億6930万年になるそうです.

健康百科「全世界で1.7億年分、がんで失われた健康的生活」(2013年1月25日)は,次のとおり伝えました.

 「ほとんどの地域で、大腸がん(直腸がん)、肺がん、乳がん、前立腺がんがDALYに大きく影響しており、全てのがんによる負担の18~50%を占めた。しかし、サハラ砂漠以南のアフリカと東アジアでは肝臓がん、胃がん、子宮頸がんなど感染症を原因とするがんが大きく影響しており、こうしたがんは両地域でそれぞれ25%、27%を占めた。

 また、高度な医療を受ける機会が高いことは肺がん、胃がん、肝臓がん、膵臓(すいぞう)がんなど病状の見通しが良くないがんの生存率向上にさほど貢献していないことも明らかとなった。世界のがん負担を軽減するには一次予防、つまり生活習慣や食生活の改善が極めて重要であることが浮き彫りとなった形だ。」

※ DALYとは「障害によって失われた生存年数」です.

Global burden of cancer in 2008: a systematic analysis of disability-adjusted life-years in 12 world regions.
FINDINGS:

Worldwide, an estimated 169·3 million years of healthy life were lost because of cancer in 2008. Colorectal, lung, breast, and prostate cancers were the main contributors to total DALYs in most world regions and caused 18-50% of the total cancer burden. We estimated an additional burden of 25% from infection-related cancers (liver, stomach, and cervical) in sub-Saharan Africa, and 27% in eastern Asia. We noted substantial global differences in the cancer profile of DALYs by country and region; however, YLLs were the most important component of DALYs in all countries and for all cancers, and contributed to more than 90% of the total burden. Nonetheless, low-resource settings had consistently higher YLLs (as a proportion of total DALYs) than did high-resource settings.

INTERPRETATION:

Age-adjusted DALYs lost from cancer are substantial, irrespective of world region. The consistently larger proportions of YLLs in low HDI than in high HDI countries indicate substantial inequalities in prognosis after diagnosis, related to degree of human development. Therefore, radical improvement in cancer care is needed in low-resource countries.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-02-04 02:46 | 医療