弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

湊川クリニック(歌舞伎町)で乳房除去手術を受けた性同一性障害の女性急死で捜査(報道)

毎日新聞「乳房除去:手術中に21歳女性が急死 新宿の診療所」(2013年2月8日)は,次のとおり報じました.

「東京都新宿区歌舞伎町の診療所「湊川クリニック」で昨年5月、性同一性障害の治療で乳房を取り除く手術を受けた女性(当時21歳)が急死していたことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は業務上過失致死の疑いで、執刀した元院長(36)らから事情を聴いている。

 捜査関係者によると、女性は昨年5月30日に乳腺切除の手術を受けた。手術中に意識不明になり、救急搬送された別の病院で同日死亡が確認された。

 手術は院長が1人で担当したという。警視庁は手術の状況や死亡との因果関係について捜査している。

 新宿区保健所は同7月に診療所を立ち入り検査し「衛生状態に問題がある」として改善を指導。診療所は10月に廃止届を提出し、現在は閉院している。【中川聡子、小泉大士】」



NHK「乳房切除の女性 手術後に死亡」(2013年2月8日)は次のとおり報じました.

「東京・新宿区の診療所で去年5月、性同一性障害の女性が乳房を切除する手術を受けている最中に意識を失い、まもなくして死亡していたことが分かりました。
警視庁は手術に問題がなかったかどうか、死亡した経緯を詳しく調べています。

警視庁によりますと、去年5月、新宿区歌舞伎町の診療所で、性同一性障害の21歳の女性が乳房を切除する手術を受けている最中に意識を失い、まもなくして搬送先の病院で死亡が確認されました。
死因は特定されていないということです。
手術をしたのは、この診療所の36歳の院長で、乳房の切除手術をこのころに始めたばかりだったということです。
警視庁によりますと、院長が1人で手術を行い、当時、看護師はおらず、医療資格を持っていない院長の父親が助手として立ち会っていたということです。
この診療所は手術のあとの去年7月、新宿区保健所の立ち入り検査で衛生状態に問題があると指導を受け、去年10月、診療所の廃止届けを保健所に出していました。
警視庁は院長から事情を聞くなどして、手術に問題がなかったかどうか、死亡した経緯を詳しく調べています。」


衛生管理に問題がある,医師一人だけで看護師もいない施設を選びたくなかったでしょうが,手術に保険がきかず,価格面からやむなく選んだのでは,と推察します.

【追記】

msn産経「新宿・歌舞伎町の診療所で乳房除去の女性が死亡 執刀の元院長を業務上過失致死容疑で書類送検 警視庁」(2014年5月1日)は,次のとおり報じました.

「東京都新宿区歌舞伎町の診療所で平成24年5月、性転換するために乳房の切除手術を受けた女性が死亡する事故があり、警視庁捜査1課から業務上過失致死容疑で事情聴取を受けていた執刀医で元院長の女(37)が昨年12月に自殺していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。元院長は「自分は正しいことをやっていた」などと容疑を否認していたが、捜査1課は今年1月に被疑者死亡のまま同容疑で元院長を書類送検した。

 事故があったのは、新宿区歌舞伎町の「湊川クリニック」(廃院)。送検容疑は24年5月30日、横浜市の女性=当時(21)=の乳房を切除手術をした際、体の状態を測定するモニターを装着するのを怠り、容体が急変したのを見落とすなどのミスをし、呼吸不全で死亡させたとしている。

 捜査関係者によると、診療所で医療資格があったのは元院長だけで、元院長も手術経験が浅かった。元院長も性同一性障害で、男性から女性に性転換したとうたい、相場より安い費用で診療していたとされる。

 捜査1課から任意聴取を受けていたが、昨年12月に岡山県内の実家で自殺しているのが見つかった。」


TBS「性別適合手術で患者死亡、自殺の女医を書類送検」(2014年5月2日)は,次のとおり報じました.

「医療ミスで女性患者を死亡させたとして、東京で開業していた医師の女(37)が書類送検されていたことがわかりました。女は去年、自殺しています。

 警視庁によりますと、女は東京の歌舞伎町で開業していた「湊川クリニック」の院長で、おととし5月、当時21歳の中国人の女性患者に対し、性別適合手術を行いましたが、その際、麻酔を打つ場所を間違えるなどして死亡させた疑いが持たれています。

 事情聴取に対し、女は容疑を否認していましたが、去年12月、岡山県内の自宅で自殺しているのが見つかっていました。

 問題のクリニックでは、手術中、患者の容態の変化を確認する機器が使われておらず、警視庁は、医療ミスと断定したうえで、容疑者死亡のまま、今年1月、女を書類送検しました。」


医療刑事事件の捜査は,時間がかかることが多いのですが,本件は,2012年5月に事故,同年10月に廃院,2013年2月に事情聴取報道,同年12月に自殺,2014年1月に書類送検となっています.
司法解剖で死因は「不詳」とされた,この医師が責任を否認し搬送先の病院の責任であるという趣旨の発言をしていた等の事情があるにせよ,乳房除去手術の際にモニターを装着しなかったこと(そもそも湊川クリニックにモニターがなかったこと)が立証できるなら,もっと早く送検してもよかったのはないでしょうか.
 難しい乳房切除手術の多くが,設備の整っていない施設で行われているとしたら,改善を必要とします.
 なお,2013年4月1日のGID(性同一性障害)学会理事長声明は,次のとおり述べています.

「東京都内の診療所において2012年5月に乳房切除術を受けた性同一性障害当事者が死亡していたことが,最近,報道されました.亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます.

 このような事例の背景には,基本的な生活を送る上で手術を必要とする性同一性障害当事者が多いもかかわらず,専門的な手術を安全に行うことのできる施設が不足していること,性同一性障害が疾患として認められているにもかかわらず,それに対する手術療法が健康保険の適用とならず高額であることなどが存在していると考えられます.このため手術料が低額で手術までの待ち時間が短い施設で手術を行いたいと思う方もいると推測します.

 しかし,どのような手術であっても「生命にかかわる事態」は起こり得ます.このため,手術を施行するために適正な設備,救命のための蘇生技術を持つ人員・設備の整った施設でのみ,手術は行われるべきです.当然のことではありますが,医療従事者に対しましては,自身の施設に不備がある状況で手術を行わないことを求めます.また,性同一性障害当事者やその支援者の方々に対しましても,安全性を優先し賢明な判断をされることを望みます.

 GID(性同一性障害)学会としても,専門的な知識や技術を持つ医師,看護師などの人材育成のための活動,他の学会との協力のもと手術の健康保険適用に向けての活動をさらに推進したいと考えております.何卒,ご理解,ご協力をお願い申し上げます.」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-02-09 01:11 | 医療事故・医療裁判