弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

「「リレンザ」吸入し気管支喘息の既往のある患者が死亡

日本経済新聞「「リレンザ」吸入し1人死亡 アレルギー性ショックで 」(2013年2月28日) は,次のとおり報じました.

「厚生労働省は27日、2009~12年に抗インフルエンザ薬の「リレンザ」を吸入した患者3人が、副作用とみられるアレルギー性ショックを起こし、うち1人が死亡していたと発表した。リレンザは年間推計170万人が使用している。

 同省は、薬の使用上の注意書きに、重大な副作用として「ショック」を加えるよう指導した。

 同省によると、家族がB型インフルエンザに感染した30代女性が、予防のためリレンザを吸入したところ、数分後に呼吸困難となり手足が硬直、間もなく死亡した。女性には気管支ぜんそくの発症歴があり、リレンザ吸入当日には発熱と感染性胃腸炎による嘔吐(おうと)もあったという。〔共同〕」


気管支喘息など呼吸器に病気のある人は,吸入薬であるリレンザを使用しないほうかよいかもしれません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-02-28 02:11 | 医療