弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

徳島大学病院,余命告知で提訴される(報道)

スポーツ報知「余命告知で精神不安定に 治療できず死亡」(2013年3月4日)は,次のとおり報じました.

 「医師から余命告知をされた母親が精神不安定になり、がん治療を受けられず死亡したとして、遺族が4日までに、徳島大病院を運営する大学に慰謝料など約4500万円の損害賠償を求め、徳島地裁に提訴した。

 訴状によると、2011年3月、徳島県内の70代の女性が余命数か月と診断され、徳島大病院に入院。子どもたちは余命を知らせないよう病院側に申し出たが、医師が本人に「このままだと数か月。完治することはまずない」と伝えた。

 女性は深夜徘徊や暴れるなど精神的に不安定になり、病院にいる方が危険だと医師が判断。通院で治療を続けたが、幻覚の症状が出たり、薬を飲まなくなったりして、十分な治療を受けられず、12年4月に死亡したとしている。

 遺族は「告知によって患者に精神的ショックを与えないよう配慮する義務が医師にはあった」と主張している。

 徳島大は「対応を検討中でコメントできない」としている。」


余命は,中央値であって,さほど正確なものではありません.
余命告知は当然のように行われていますが,その伝え方が重要です.
まず,患者本人に,余命告知を望みますか,望みませんか,と聞くことです.
患者が望むときは,誤解を与えないように数字だけではなくその精度も伝えるべきでしょうし,心のケアも必要でしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-05 07:20 | 医療