弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

「ミフェプレックス」「ミフェジン」「息隠」「保諾」を絶対に個人輸入で購入,使用してはいけない

独立行政法人国民生活センターは,2013年3月7日,「経口妊娠中絶薬の安易な個人輸入や使用は危険!」と発表しました.

 「経口妊娠中絶薬は、膣からの出血や重大な感染症等の健康被害を引き起こすおそれがあることから、平成16年に厚生労働省が注意喚起を行い、数量に関係なく、医師の処方または指示書に基づいて必要な手続きを行った場合に限り輸入が可能となるよう、個人輸入が制限されている。また、指定医師以外の者(妊娠中の女子を含む)が堕胎する行為は刑法の堕胎の罪に問われるおそれがある。

 医療機関を受診せずに経口妊娠中絶薬を購入、使用することは、法律に抵触するおそれがあるだけでなく、重篤な健康被害につながるおそれもあることから、被害の未然防止のため、消費者へ注意喚起することとした。

主な事例
【事例】安全に中絶を行えるという携帯サイトを見て経口妊娠中絶薬を購入した。
 携帯のインターネット海外サイト日本語版に、手術ではなく中絶できると書かれていた。妊娠49日以内ならば3日間服用するだけで自然流産の状態で安全に中絶を行える等の記載があった。中絶後ケアの抗生物質と止血剤を含む中絶薬セットを注文し代金を振り込んだ。インターネットの書き込み等に危険性が載っていたので購入を取り消したい。

消費者へのアドバイス
経口妊娠中絶薬とされている「ミフェプレックス」「ミフェジン」「息隠」「保諾」(一般名「ミフェプリストン」)を絶対に個人輸入で購入、使用してはいけない。」



刑法は,次のとおり堕胎の罪を定めています.

「第二百十二条  妊娠中の女子が薬物を用い、又はその他の方法により、堕胎したときは、一年以下の懲役に処する。

第二百十三条  女子の嘱託を受け、又はその承諾を得て堕胎させた者は、二年以下の懲役に処する。よって女子を死傷させた者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

第二百十四条  医師、助産師、薬剤師又は医薬品販売業者が女子の嘱託を受け、又はその承諾を得て堕胎させたときは、三月以上五年以下の懲役に処する。よって女子を死傷させたときは、六月以上七年以下の懲役に処する。

第二百十五条  女子の嘱託を受けないで、又はその承諾を得ないで堕胎させた者は、六月以上七年以下の懲役に処する。
2  前項の罪の未遂は、罰する。

第二百十六条  前条の罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。 」



母体保護法14条は,次のとおり指定医師による人工妊娠中絶を認めています.
この方法によるときは,正当業務行為ですから,堕胎罪にはなりません.


「第十四条  都道府県の区域を単位として設立された公益社団法人たる医師会の指定する医師(以下「指定医師」という。)は、次の各号の一に該当する者に対して、本人及び配偶者の同意を得て、人工妊娠中絶を行うことができる。
一  妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのあるもの
二  暴行若しくは脅迫によつて又は抵抗若しくは拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したもの
2  前項の同意は、配偶者が知れないとき若しくはその意思を表示することができないとき又は妊娠後に配偶者がなくなつたときには本人の同意だけで足りる。」


以上から,個人輸入の薬剤で堕胎したときは,堕胎罪の構成要件にあたることになり,特別事情が認定されない限り違法性もあり,堕胎罪として処罰される可能性があります.

刑法による処罰をさておいても,個人輸入の経口妊娠中絶薬薬剤で重篤な健康被害が生じるおそれがあります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-08 07:37 | 医療