弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会発足

b0206085_8551225.jpg
朝日新聞「接種禍に被害者連帯」(2013年3月25日)は,次のとおり報じました. 


「◆「子宮頸がん」連絡会きょう発足

 「子宮頸(けい)がんワクチンの接種に伴い、重い副反応が出たとする被害者や親同士が手をつなぐことになった。25日に発足する「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」(042・594・1337)。中高生ら10代が被害者の大半を占め、事務局長の日野市議、池田利恵さんらのもとには各地から相談が寄せられている。

◇副反応症例、海外情報頼り

 子宮頸がんワクチン「サーバリックス」は3回の接種が必要。三多摩地区の中3生(15)は、母親(44)によると、2011年5月の1回目の接種から1週間ほど後、右足首が痛むようになった。6月に2回目を接種後は激しい痛みが脇腹や背中、ふくらはぎなどあちこちに起きるようになり、体育の授業に出られず登校にも支障が出た。検査を重ねたが異常は見つからず、医師からは「きっかけはワクチンだが因果関係の解明は難しい」などと言われたという。

 11年12月には、現在かかっている小児科医が、サーバリックスがきっかけの「難治性疼痛」と厚生労働省に報告した。現在も、日によって体のあちこちに痛みを訴えている。
 富山県の中3生(15)も、中2だった12年2月に3回目を接種した後に激しい痛みが起きた。手首や股関節、肩や背中など痛みはあちこちに転移。鼻血が出たり吐いたり、髪の毛が抜けたり熱が出たりした。血液検査はすべて正常だが、8月に歩行困難になり、今も1日の大半を寝て過ごしている。

 母親(40)は「インターネットで海外の副反応の症例を見て娘の状態と同じだとわかった時は、震えが止まらなかった。良かれと思って接種したのに、娘に申し訳ない」と涙声。接種した産婦人科医が今月、厚労省に、サーバリックスの副反応として届け出た。

 このほかにも八王子市、練馬区、山形県、三重県、長崎県などから同様の相談が集まっている。

 宮城県で開業している佐藤荘太郎医師は、1年ほど前から海外の副反応の事例を調べている。米国や英国などの事例について、父母や本人の手記を翻訳、ブログで紹介してきた。連絡会に集まる人たちは、こうした海外の症例から副反応と気がついた人が多い。

 佐藤医師は「接種したり接種を推進したりする医師は、こうした実態を知らなすぎる」と指摘する。
(斎藤智子)」


もし,がんがワクチンで予防できるとしたら,画期的なことなのですが,実際はそう簡単な話ではないようです.

国立がん研究センターがん対策情報センターのサイトに「子宮頸がんの予防(ヒトパピローマウイルスと予防ワクチン)」が掲載されています.

「どの程度の確率でHPVが感染するか、あるいはHPV感染が続いた場合、どの程度の確率で、前がん病変や子宮頸がんが発生するかについてはよくわかっていません。子宮頸がんの患者さんの90%以上からHPVが検出されることが知られていますが、HPVに感染した方の多くは、無症状で経過し、発がんすることはまれだと考えられています。」

「このワクチンの効果効能に関連する接種上の注意点として、ワクチンに添付されている説明書には、以下の4点が示されています。

1)HPV16型及び18型以外の癌原性(発がんの原因になる)HPV感染に起因する子宮頸がんおよびその前がん病変に対する予防効果は確認されていません。
2)接種の時点ですでに感染しているHPVを排除したり、すでに発症しているHPV関連の病変の進行を予防する効果は期待できません。
3)接種は定期的な子宮頸がん検診の代わりとなるものではありません。接種に加え、子宮頸がん検診を受診したり、性感染症の予防に注意することが重要です。
4)予防効果がどのくらい持続するかについては、わかっていません。」


つまり,子宮頸がんワクチンの予防効果は確認されていませんし,予防効果がどのくらい持続するか,についても分かっていない,ということなのです.1回ワクチンを打てば生涯HPVに感染しないというものではないのです.
他方,先日の総務省の勧告にもあったように薬剤の副作用情報の報告・収集が不十分で,ワクチン注射の害作用についても,どれくらいの被害があるのか,不明です.

ワクチン注射を受けるか否かを自己決定するためには,ワクチン注射についてのベネフイットとリスクの情報提供が不可欠です.現状は,その情報提供が不足しているように思います.

1回ワクチン注射を受けても生涯HPVに感染しないというものではないので,やはり,早期発見のために子宮頸がん検診を定期的に受診することが重要となるでしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-26 07:57 | 医療事故・医療裁判