弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

スモークフリーキャラバンの会,長野県知事・山梨県知事らへ受動喫煙防止条例の制定を求める要望書を提出

MSN産経「受動喫煙防止条例キャラバン隊 条例制定を要望 長野」(2013年4月9日)は,次のとおり報じました.

医師や地方議員、弁護士らでつくる「スモークフリーキャラバンの会」(東京)の第3次キャラバン隊が8日午後、長野県庁を訪問し、受動喫煙防止条例の制定を求める要望書を阿部守一知事と本郷一彦県議会議長あてに提出した。

 同会は、平成23年に東海や関西などの9府県、24年に東日本13都県にキャラバン隊を派遣し、受動喫煙の危険性などを訴えている。今回のキャラバンは、8日に山梨県を出発して長野から北陸、中国、四国を回り17日の三重まで14県を訪問し、条例制定を求める。

 渡辺文学キャラバン隊長ら一行は「たばこを吸わない環境づくりを進めて、長野県には神奈川、兵庫両県に次ぐ3番目の受動喫煙防止条例制定県になってほしい」などと訴えた。」


毎日新聞「受動喫煙防止条例:市民グループ、知事に制定要望書 /山梨」(2013年04月09日)は,次のとおり報じました.

「受動喫煙による健康被害防止を訴える市民グループのメンバーが8日、県庁を訪れ、公共の場などでの「受動喫煙防止条例」制定を求める横内正明知事宛ての要望書を提出した。既に条例があるのは全国で2県にとどまり、メンバーは「日本ではまだ喫煙被害対策が進んでいない」と訴えた。

 「やまなしタバコ問題研究会」(笛吹市、代表・松尾邦功医師)や「スモークフリーキャラバンの会」(東京)などの医師や弁護士、市民ら約15人が、県健康増進課の担当者に要望書を手渡した。

 受動喫煙防止のために学校や病院などで禁煙や分煙を義務づける条例は、神奈川県が10年に全国で初めて施行、兵庫県でも今年施行された。県内では、甲府市が丸の内1のオリオン通り約200メートルを「喫煙禁止区域」とする条例を定めているが、罰則はない。

 同課は「県内の公立小中高校での喫煙スペース撤廃はほぼ実施された。今後、大学や企業に一層の理解を呼びかけたい」と話している。

 キャラバンの会は今後、全国をキャラバンカーで巡回するといい、同会の渡辺文学さんは「非喫煙者も受動喫煙の害についてもっと知ってほしい」と話していた。【屋代尚則】」


山梨県には「やまなしタバコ問題研究会」があります.

今回は四国まで行くそうです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-04-12 03:51 | タバコ