弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

免許を取り消された元医師が,医師紹介業者と共謀し,他人の医師免許証のコピーを用い医師になりすまし

神奈川新聞「別人なりすまし診断の容疑で元医師を逮捕/茅ケ崎」(2013年5月30日)は,次のとおり報じました.

「別の医師になりすまし診断したとして、県警生活経済課と茅ケ崎署は29日、詐欺や医師法違反などの疑いで、さいたま市、元医師のアルバイト××××容疑者(59)を逮捕。同容疑者を雇った病院から紹介料をだまし取ったとして、詐欺などの疑いで、東京都世田谷区、会社社長△△△△容疑者(48)を逮捕した。

 逮捕容疑は、××容疑者を非常勤医として茅ケ崎市内の病院に雇用させようと共謀し、昨年11月16日、愛知県に住む男性医師の医師免許証のコピーを同病院に提出。同容疑者は給与5万円を、△△容疑者は紹介料1万500円をだまし取った、としている。また××容疑者は同日、同病院で亡くなった女性患者の死亡診断書を作成するなどした、としている。

 県警によると、2人は容疑を認め、××容疑者は「免許を取り消され、金に困っていた」、△△容疑者は「(××容疑者が)生活に困っていたので紹介した」と供述。××容疑者は昨年3月に免許を取り消されていた。△△容疑者の会社は当直の非常勤医などを病院に紹介しており、過去に仲介したことのある医師の免許を悪用したという。

 県警の調べでは、××容疑者は昨年9月以降、ほかに千葉県や都内の3病院に勤務。「(風邪やインフルエンザなどの)患者50人ぐらいを診察した」と供述している。」


医師免許証のコピーを使われた医師に,源泉徴収票が送られてきて,はじめて発覚したということは,この茅ヶ崎市内の病院のほかに千葉県や都内の3病院に勤務しながら気づかれなかったということです.
病院が医師を雇用するとき,医師免許の原本提示を求めるべきでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-05-30 03:22 | 医療