弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

甲府病院の放射性物質を含む検査薬過剰投与問題で「被害者の会」が要望書提出へ(報道)

毎日新聞「甲府病院の放射性医薬過剰投与:「過剰投与被曝被害者の会」 再発防止など要求へ」(2013年6月6日)は,次のとおり報じました.

 「甲府市立甲府病院(同市増坪町)が放射性物質を含む検査薬を子供84人に過剰投与した問題で、家族らで作る「過剰投与内部被曝(ひばく)被害者の会」が、健康被害が生じた場合の補償などを求める要求書を近く市側に提出する。

 同会によると、要求書は、市側の謝罪▽原因究明と再発防止策の徹底▽健康被害への補償▽市側との定期協議の場の設立−−など6項目。宮島雅展市長との面談も求める。同会の浜野泰嘉弁護士は「家族は子供の健康面を最も不安に感じている。家族らがより前を向けるきっかけになれば」と話した。

 過剰投与問題は2011年9月に発覚。当時の技師長補佐(昨年に自殺)が1999〜2011年、日本核医学会などの推奨基準の2〜40倍にあたる放射性物質のテクネチウムを含む検査薬を子供らに投与したとされる。先月には原因究明にあたる第三者委員会の初会合が行われた。【屋代尚則】」


事件発生からだいぶ時間がかかっていますので,市側は解決への道筋を示すべきでしょう.


【追記】

山梨放送「被害者の家族会が要望書を提出」(2013年6月24日)は,次のとおり報じました.

「市立甲府病院で起きた放射性検査薬の過剰投与問題で、被害者の家族会が補償などについてまとめた要望書を甲府市に提出した。
24日は家族でつくる被害者の会の代表や弁護士が市役所を訪ね、宮島市長に要望書を手渡した。要望書は6項目に分かれ市に法的な責任を認める謝罪を求めている。補償問題については過剰投与が原因とみられる病気にかかった場合の治療費の負担など長期的な補償を実現するための基金創設を要望している。
宮島市長は「内容を精査する」と話したという。
被害者家族の会は事務レベルでの協議を続けて内容を整理した上で市と合意書を取り交わしたい考え。会のメンバーは「市には改めて問題の重要性を認識してもらい真摯に対応してもらいたい」と話している。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-06-07 04:45 | 医療事故・医療裁判