弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

奈良市立奈良病院,毒薬指定のエスラックス紛失

読売新聞「成人1・5人分致死量の筋弛緩剤、紛失した病院」(2013年6月27日)は,次のとおり報じました.

 「奈良市の市立奈良病院は26日、成人1・5人分の致死量に相当する筋弛緩しかん剤「エスラックス」1本(25ミリ・グラム)を紛失したと発表した。

 「誤って廃棄した可能性が高い」と説明している。筋弛緩剤は薬事法で毒薬指定され、施錠した場所での管理が義務付けられており、奈良県警は、管理に問題がなかったか調べている。

 同病院によると、24日午後9時30分頃、手術室の夜勤の看護師が、本館3階の手術室内にある薬品庫で100本を保管していた保冷庫を点検したところ、使用済みの18本とあわせて99本しかないことに気づいた。22日午前0時頃には、別の看護師が100本あるのを確認していた。

 筋弛緩剤は鍵付きの保冷庫で保管していたが、その鍵は、無施錠の手術室内の別の部屋の壁にかけていたという。」


過去にも同種の紛失事故が報道されています.
紛失事故の報道に接したときに,自院の管理について検討してみることも必要と思います.

◆ 過去の報道事例

佐賀大学医学部付属病院で平成22年12月(但し公表は平成23年6月)に1本
独立行政法人国立病院機構名古屋医療センターで平成23年1月に10本
独立行政法人国立病院機構千葉医療センターで平成23年9月に1本
愛知厚生連海南病院で平成23年9月に1本
有田市立病院で平成23年9月に10本
浜松医療センターで平成23年9月に1本
NTT東日本札幌病院で平成23年12月に2本
社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院で平成23年12月に3本
市立室蘭総合病院で平成24年3月に1本
地方独立行政法人福岡市立病院機構福岡市立こども病院・感染症センターで平成24年7月に1本
公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院で平成24年7月に5本
熊本大学医学部附属病院で平成24年7月に1本
公立南丹病院で平成24年10月に1本
尾道市公立みつぎ総合病院で平成24年10月に4本
社会医療法人将道会総合南東北病院で平成24年11月に2本
伊賀市立上野総合市民病院で平成25年3月に10本
広島大学病院で平成25年4月に5本
独立行政法人国立成育医療研究センターで平成25年4月に4本
半田市立半田病院で平成25年5月に10本
東京都保健医療公社豊島病院で平成25年6月に3本
奈良市立奈良病院で平成25年6月に1本


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-06-29 09:21 | 医療