弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

都立墨東病院,医療用麻薬「フェンタニル」紛失

MSN産経「医療用麻薬を紛失 都立墨東病院」(2013年8月28日)は,次のとおり報じました.

「東京都は28日、都立墨東病院(墨田区)で保管していた痛み止めの医療用麻薬「フェンタニル」の未使用アンプルと空瓶をそれぞれ2本紛失したと発表した。

 同病院などによると、23日夕の確認で紛失が判明。探したが見つからず、26日に本所署に紛失を届け出た。フェンタニルは通常点滴に入れて使用するもので、体重50キロの100人に各230本を注射した場合、半分が死亡する可能性があるという。」


以前,国立循環器病センターで「フェンタニル」が30本紛失し,同センターの麻酔医が窃盗容疑で逮捕されたことがありました.
本件は,窃盗なのか,誤廃棄なのか,慎重な捜査が必要でしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-08-29 06:30 | 医療