弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

"マチ弁"の金持ち度、人権派弁護士は質素、中小企業法務専念型弁護士は余裕

東洋経済(2013年08月29日)に伊藤歩氏の「人権派弁護士は食えるのか? 経営センスで雲泥の差 "マチ弁"の金持ち度」が掲載されています.

◆ マチ弁族

「日本弁護士連合会が昨年11月に発行した弁護士白書によると、2012年3月末時点で3万2088人いる弁護士のうち、1人事務所所属の弁護士は実に25.92%を占める。もっとも、1人事務所所属の弁護士の割合はこの10年間で大きく減っていて、2002年3月末時点(当時の弁護士数は1万8861人)では、45.28%が1人事務所所属だった。

2人事務所の割合は今も10年前もさほど違わず14%強だが、この10年で増えたのは3~5人の事務所と、6~10人の事務所だ。3~5人の事務所は10年前は19.76%だったが、2012年3月末時点では23.97%に増え、6~10人の事務所は8.92%から13.87%に増えている。」


伊藤氏は、独立する弁護士が減少したので、1人事務所が減少したと分析しています.
10人以下の事務所が、マチ弁族だそうです.

◆ 人権派弁護士

「マチ弁族は極めて大ざっぱな分け方をすると、社会的弱者救済のために、わずかな報酬で献身的な弁護士活動を続ける、いわゆる人権派と言われる弁護士たちと、それ以外の弁護士たちに分けられる。人権派の代表格は、医療訴訟で患者側の代理人を務める弁護士である。大規模な薬害被害の救済のための訴訟では、全国規模の弁護団を結成する。弁護団結成の音頭を取るのは患者側の医療訴訟の大家の弁護士で、その大家の弁護士をリスペクトする全国の弁護士が集い、情報を共有し、訴訟方針の統一を図って対応する。」

「人権派としての活動だけをやっていたら事務所経営は成り立たない。そこで、事務所の経営に必要な最低限度の稼ぎを中小企業法務で稼ぐということになり、基本的に人権派弁護士の事務所はかなり質素だ。」


◆ 人権派以外のマチ弁

「最近は大企業も弁護士事務所の使い分けを徹底し、高い弁護士報酬を支払わないで済むようにしている。このため、専門性が高く、複雑で難しい事案は大事務所に高いフィーを払って依頼するが、機動性が求められ、最先端の法務知識を必要としない事案についてはマチ弁事務所を使う。安く、さっさと手際よく動けない大事務所は、こと日常的な企業法務となると役に立たない。」

「中小企業や一部の大企業から1カ月に5万~6万円程度の顧問料をもらって安定収益を確保する一方で、会社の保有不動産の売却や、事業継承といった、単発でも比較的稼ぎが大きい事件の依頼も不定期ながら獲得していくという形が、人権派以外のマチ弁事務所の典型と言える。」

「おカネにならないことを承知で弱者救済に邁進している人権派の弁護士は、中小企業法務に割く時間が中小企業法務専念型の弁護士よりも少ないので、中小企業法務専念型の弁護士のほうが総じて経済的に余裕がある。」


◆ 谷直樹法律事務所の場合

私は、医療訴訟で患者側の代理人を務める弁護士で、鈴木利廣先生らをリスペクトし、弁護団に参加していますから、人権派弁護士に分類されるのでしょう.
担当する事件は医療事件の患者側だけです.
中小企業法務を手がけることはありませんので金持ち度は低いですが、事務所経営が成り立つようにしています.
たしかに、質素ではありますが.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-09-02 02:02 | 司法