弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

厚労省,不適切な臨床研究118件

朝日新聞「不適切な臨床研究118件 全国調査、データ捏造は1件」(2013年9月30日)は,次のとおり報じました.

「高血圧治療薬の臨床研究論文の不正問題を受け、厚生労働省と文部科学省が全国の臨床研究の拠点117施設に対し自主点検を求めた調査で、不適切な研究が計118件あったことがわかった。8月下旬、2009年度以降に始めた研究2万4414件について報告を求めていた。

 27日時点での報告によると、データの捏造(ねつぞう)などがあり、信頼性が損なわれた研究は1件。東邦大元准教授が麻酔薬に関する論文でデータを改ざんした事例だった。不適切な研究の大半の103件は、厚労省が定める臨床研究に関する倫理指針違反だった。「研究機関の長への進捗(しんちょく)状況や終了の報告を忘れていた」が最多の80件。他に「利益相反についての報告が不十分」が14件あった。 」


利益相反を報告しない例は,研究結果の信憑性が疑われます.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-10-04 17:56 | コンプライアンス