弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

市立吹田市民病院,個人情報3700人分流出

NHK「大阪 病院から個人情報3700人分流出」(2013年11月19日)は,次のとおり報じました.

大阪・吹田市の市立吹田市民病院で、健康診断の記録や保険証のコピーなどおよそ3700人分の個人情報が流出したことが分かり、病院では文書を廃棄する過程で盗まれたとみて警察に被害届を出しました。

吹田市民病院によりますと、流出が確認されたのは、平成17年から20年にかけての健康診断の際の記録や、保険証や老人医療証などのコピー合わせて3739人分です。

先月18日、「病院の診療記録を持っている」という男性が病院を訪れ、その一部を示したことから病院が確認したところ、廃棄したはずの文書の一部が流出した可能性が高いことが分かりました。
病院では文書を廃棄する過程で盗まれたとみて、警察に被害届を出したうえで、これまでに流出が確認できた分を男性から回収したということです。

これらの文書は、ことし1月29日に廃棄するため段ボール箱に入れて病院の駐車場に積み上げていたということで、専門の業者に引き渡すまでの1時間余りの間に職員が立ち会っていましたが、不在だった時間もあるとみられるということです。

また段ボール箱には、「保険証のコピー」などと文書の内容が書かれていたということです。
会見した吹田市の徳田育朗病院事業管理者は、「患者や家族に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪しました。

病院では個人情報が流出した人に文書で謝罪するとともに、窓口や電話で問い合わせに応じることにしています。」


この男性は,どこから診療禄を入手し,どのような意図で病院に示したのでしょうか.
回収できたからよいというものではありません.
少なくとも,病院の駐車場に積み上げるのは,今後やめたほうがよいと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-11-19 21:18 | コンプライアンス