弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

筑波大学附属病院,患者個人情報の入ったノートパソコン紛失

筑波大学附属病院は,本日,「診療情報が保存されているノート型パソコンの紛失について」をサイトに掲載しました.

この度、患者様の診療情報が保存されているノート型パソコンが病院内において所在不明となる事案が発生いたしました。個人情報が記録されていた患者様、関係の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。なお、事案の発生後、病院内を捜索しておりますが、まだ発見には至っておりません。

1.保存されている患者情報について

個人情報対象者:内視鏡治療を受けた約400人
診療情報:患者様ID番号、氏名、年齢、内視鏡に関する情報(治療日、病変の部位、形態等の所見、病理所見、転帰)

2.今後の対応について

 該当する患者様へ、本事案のご説明とお詫びの文書を既に送付しているほか、関係機関へ報告をしております。

 また、現在までに、外部に個人情報が流失したという情報や第三者に不正に使用された事実は確認されておりません。引き続き、関係機関と連携を図りながらノート型パソコンの発見に努めます。

3.再発防止について

 本院における患者様の個人情報の取扱いにつきましては、「附属病院統合医療情報システム管理運用要項」、「附属病院の保有する個人情報保護に関するガイドライン」、「医療事故防止マニュアル」により、個人情報の暗号化、院外への持ち出し禁止等、セキュリティ確保の指導及び徹底を図ってきましたが、これらが遵守されず、今回の事案が発生しましたことは大変遺憾なことであります。

 今回の事態を厳粛に受け止め、改めて職員に対して、ガイドラインの遵守と個人情報保護の重要性について、教育・指導を徹底いたします。」


NHK「大学病院で診療情報入ったパソコン紛失」(2013年12月12日)は,次のとおり報じました.

「茨城県つくば市にある筑波大学附属病院で、患者380人余りの氏名や治療結果などのデータが入ったパソコン1台が紛失していることが分かり、筑波大学は患者に文書で謝罪しました。

紛失したのは、筑波大学附属病院の、内視鏡を使ってがんなどの診断や治療を行う光学医療診療部の研究室などで使われていたノート型パソコン1台です。

筑波大学附属病院によりますと、パソコンは大学が購入し光学医療診療部に勤務する40代の医師が使っていたもので、平成17年2月以降に内視鏡治療を受けるなどした384人の氏名や治療の結果などのデータが入っていましたが、先月18日、紛失に気付いたということです。
病院の聞き取りに対してこの医師は、先月14日朝の会議でパソコンを使用したことまでは覚えているということですが、その後、パソコンをどこに置いたかよく覚えていないと話しているということです。
パソコンにはパスワードが設定されておらず、起動すれば誰でもデータを見ることができるということですが、これまでのところ第三者にデータが使われた形跡はないということです。

筑波大学附属病院は警察に相談するとともに、関係する患者全員に文書で報告し謝罪しました。
筑波大学附属病院の五十嵐徹也病院長は「このような事態が起きたことは大変遺憾で、今後、改めて、個人情報保護の徹底を図っていきたい」と話していました。]


再発防止に具体性がありませんが,本当に大丈夫でしょうか.

最近は,遠隔操作でノートパソコンのデータを消去できますし,一定時間インターネットに接続しないと自動的にデータが消滅するようにもできます.データの暗号化だけではなく,遠隔操作によるデータ消去,データの自動消滅を導入するのが,実効的な対策と思います.
なお,私は,そもそもノートパソコンに個人情報は入れていません.


◆ 2011年6月以降の個人電磁情報の紛失事故

2011年 6月
慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター
北海道大学病院

2011年7月
医療法人 柏堤会(財団) 戸塚共立第1病院
藤田保健衛生大学病院
昭和大学歯科病院

2011年8月
筑波メディカルセンター病院

2011年9月
千葉県精神科医療センター
鹿児島大学病院

2011年10月
JA茨城県厚生連茨城西南医療センター病院
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院
大和市立病院

2011年11月
独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

2012年1月
医療法人聖愛会
独立行政法人国立病院機構千葉医療センター
独立行政法人国立病院機構宇多野病院
東京女子医科大学附属八千代医療センター

2012年2月
京都府立洛南病院(ただし一時紛失)
岡山大学病院
藤沢市民病院
長崎大学病院

2012年3月
日本赤十字社医療センター
国立大学法人高知大学医学部

2012年4月
ごう在宅クリニック(札幌)
静岡県立病院機構静岡県立総合病院
広島大学病院
福岡大学病院

2012年5月
福岡大学病院

2012年6月
日本大学医学部附属板橋病院

2012年7月
日本大学歯学部付属歯科病院

2012年8月
名古屋大学医学部附属病院
順天堂大学医学部附属順天堂医院
愛知県厚生農業協同組合連合会江南厚生病院

2012年9月
沖縄県立中部病院
福岡歯科大学医科歯科総合病院
大阪リハビリテーション病院

2012年10月
医療法人社団恵仁会セントマーガレット病院
東京医科大学病院
昭和大学病院附属東病院
浜松医科大学医学部付属病院,浜松医療センター

2012年11月
九州大学病院
東京慈恵会医科大学附属柏病院

2013年2月
札幌医科大学附属病院

2013年3月
東京医科歯科大学歯学部附属病院

2013年4月
昭和大学歯科病院

2013年5月
市立岸和田市民病院

2013年7月
順天堂大学医学部附属順天堂医院
東京女子医科大学病院
一般財団法人神奈川県警友会けいゆう病院
埼玉県立がんセンター

2013年8月
さいたまほのかクリニック

2013年9月
新潟県立六日町病院

2013年10月
産業医科大学若松病院

2013年12
筑波大学附属病院


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-12-12 23:57 | コンプライアンス