弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

自治医科大学付属さいたま医療センターに行くべき救急車がさいたま赤十字病院に行き3分の遅れ(報道)

埼玉新聞「救急車が搬送先誤る 浦和区の81歳男性死亡」(2014年1月15日)は,次のとおり報じました.

「さいたま市は14日、心肺停止状態の男性を病院に運ぶ際、救急車が搬送先を誤ったため到着が約3分遅れたと発表した。男性は死亡した。

 浦和消防署管理指導課によると、同日午前7時半ごろ、木崎出張所の救急車が浦和区の男性(81)を搬送。男性は到着時すでに心肺停止状態だったため、救急隊はさいたま赤十字病院の医師に連絡を取って気道確保などを行い、乗車していた救急隊長と救急救命士、消防隊員の男性3人が救命措置を行い、男性機関員が運転をした。

 しかし、救命措置をしていた救急隊長が機関員に行き先を指示しなかったため、機関員はかかりつけの自治医科大学付属さいたま医療センター(同市大宮区)ではなく、さいたま赤十字病院に行くものと勘違い。救急隊長も確認しなかった。

 さいたま市中央区にあるさいたま赤十字病院の敷地内に着いて誤りに気付き、男性は約3・1キロ離れた自治医科大学付属さいたま医療センターに搬送されたが、約3分の遅れが生じた。

 自治医科大学付属さいたま医療センター到着後、救急隊長が男性の家族に遅延理由を説明、謝罪した。

 浦和消防署管理課は「搬送先病院の確認を隊員相互にさせて、再発防止に努めていく」としている。」

3分の遅れが生死を分けたかはわかりませんが,ご遺族は何ともやりきれない気持ちだと思います.
救急車が行き先を間違えたという報道はときどきみかけますが,救急車のスタッフは,プロフェッショナルなのですから,行く先について指示する,行く先について指示を受けることくらいは行ってほしいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-01-15 18:45 | 医療事故・医療裁判