弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

産科補償制度運営委員会,補償基準を「31週以上かつ1400g以上」に拡大することの追加資料提出へ

日本医療機能評価機構の産科医療補償制度運営委員会(委員長小林廉毅・東京大大学院教授)は,2014年1月17日,補償対象とする重度脳性麻痺の基準を「31週以上かつ1400g以上」に拡大することについて,周産期医療関連の7学会の支持意見等を資料として,1月20日の社会保障審議会医療保険部会に提出するとのことです.
補償基準を早く拡大してほしいですね.

CBニュース「最終報告書、見直し根拠の妥当性など補足」(2014年1月17日)参照

【追記】

時事通信「補償対象を拡大=出産の脳性まひで-社保審部会」(2014年1月20日)は,次のとおり報じました.

「社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)医療保険部会は20日、出産事故で子どもが重い脳性まひになった際に補償金を支払う産科医療補償制度の対象を、現行の「妊娠33週以上で出生体重2000グラム以上」から「32週以上で1400グラム以上」に拡大する方針を決めた。出産1回当たりの掛け金も現行の3万円から減額する。
 厚労省と制度を運営する日本医療機能評価機構は、掛け金などの詳細を詰め、2015年1月から実施する予定だ。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-01-18 13:18 | 医療事故・医療裁判