弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療法人鉄蕉会亀田総合病院、紛失したUSBメモリをカンファレンスルームで発見(報道)

CBニュース 「紛失した患者情報USBメモリ発見-亀田総合病院、院内規定見直しへ」(2014年1月20日)は,次のとおり報じました.

「入院患者約5000人の個人情報が入ったUSBメモリを紛失した問題で、亀田総合病院(千葉県鴨川市)は、再度院内を探したところ、泌尿器科医師のカンファレンスルームでUSBメモリが見つかったと発表した。同病院は、対象者にUSBメモリ発見に関する報告文を郵送するとともに、病院長名で「患者や関係者の皆さまにご心配、ご迷惑をおかけしたことを再度深くお詫び申し上げます」との謝罪文をウェブサイトに掲載した。【新井哉】

 同病院によると、今月7日にUSBメモリの紛失が判明。氏名や入院予定日、疾患名、担当医などの患者情報が入っていたという。紛失事案の公表後も、引き続き院内を探していたところ、14日午後7時ごろ、なくなった場所の可能性が高かったカンファレンスルームでUSBメモリを発見した。

 同病院は、紛失直後に設置した個人情報紛失事故対策委員会で再発防止策などを検討中で、特に私物のUSBメモリが院内に持ち込まれていたことを問題視しているという。発見後も引き続き、同委員会で職員教育の徹底などについて話し合う方針だ。

 紛失の際に設置した相談窓口での対応については、すでにUSBメモリが見つかっていることから、今月末で終了する。同病院は「今後、このようなことがないよう、個人情報保護に関する規定の見直しを実施するとともに、規定順守のための職員教育を徹底する」としている。」


USBメモリが見つかって,よかったですが,これを機会に,有効な再発防止策の策定をお願いしたいと思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-01-21 02:40 | コンプライアンス