弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

「子宮頸がんワクチン」定期接種の積極推奨再開に反対する院内緊急集会

薬害オンブズパースン会議のサイトに,以下のとおり,2月6日の院内集会の案内が載っていますので,ご紹介します.


「厚労省の審議会は、1月20日の会合で、子宮頸がんワクチン接種後に多数発生している広範な疼痛や運動障害は針を刺した疼痛の刺激や不安が惹起した「心身の反応」であるとし、接種後1か月以上経過して発症した症例は接種との因果関係が乏しいなどとする結論をまとめ、次回会合では積極推奨再開に向けた議論が進められようとしています。

 しかし、審議会の結論に科学的根拠はなく、積極推奨再開という結論ありきで被害者を切り捨てようとする審議会及び厚労省の姿勢に、被害者たちは怒りの声を上げています。

 薬害オンブズパースン会議は、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会ほかとの共催により院内緊急集会を開催します。集会では、子宮頸がんワクチンの問題点及び審議会の不当性を明らかにするとともに、被害者たちが被害の実情を訴えます。

 ぜひ多くの方のご参加をお願い致します。

  日時: 2014年2月6日(木) 13時~14時30分

  会場: 参議院議員会館101(講堂から変更になりました)

      有楽町線・南北線・半蔵門線永田町駅 1番出口から徒歩2分
      丸ノ内線・千代田線国会議事堂前駅 1番出口から徒歩7分
      南北線・銀座線溜池山王駅 5番出口から徒歩9分
   
      ※出口までに時間がかかる場合がありますのでご注意ください。

  主催: 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会
      日本消費者連盟
      ワクチントーク全国
      薬害対策弁護士連絡会
      薬害オンブズパースン会議」


【追記】

朝日新聞「「痛みは心身の反応」結論に抗議 子宮頸がんワクチン」(2014年2月6日)は、次のとおり報じました.

「子宮頸(けい)がんワクチン接種後に長期的な痛みを訴える人が相次ぎ、国が接種の推奨を中止している問題で、厚生労働省の検討会が痛みの原因を「心身の反応」と結論づけたことに全国の被害者や支援者が6日、抗議した。約200人が参議院議員会館で「接種推奨の再開ありきの結論だ」と声を上げた。

 「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」などが主催し、茨城県の中学2年の生徒は「医者になる夢を捨てずにがんばっているが、身体が言うことをきかない。気のせいだと言われ、とても悔しい」と訴えた。「薬害オンブズパースン会議」の水口真寿美弁護士は「スモンやサリドマイド薬害でも未知なる疾患が起きた。新しいワクチンには未知の副反応が起こりうるという理解がない」と批判した。

 被害者を支援する神奈川県大和、鎌倉、愛知県碧南、熊本県合志の各市議も参加。各市で全接種者にアンケートしたところ、いずれも4割前後の人に体調異常が起きていることが報告された。「全国調査をすべきだ」と訴えた。」



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-04 03:43 | 医療