弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

三環系抗うつ薬で年間5人死亡

読売新聞「大量精神科薬で搬送、156病院…問われる処方」(2014年2月11日)は,次のとおり報じました.

精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、2012年は全国で少なくとも156病院に上り、うち約3割にあたる46病院は年間50件以上搬送されていることが、読売新聞の調査でわかった。

 服薬したのはいずれも医療機関でしか処方できない薬で、抗うつ薬、睡眠薬などの処方のあり方が問われそうだ。

 昨年11月、全国の救命救急センターと日本救急医学会の救急科専門医指定施設の計498病院にアンケートを送り、164病院から回答を得た(回収率33%)。大量服薬患者を年間100件以上受けている病院も10病院あり、最も多い病院では約500件と回答した。

 うつ病で処方される三環系抗うつ薬では大量服薬によって1年間で計5人が死亡したほか、52人に不整脈、23人に長時間にわたるけいれんなど、命に関わる症状が見られた。」


この読売新聞の調査は回収率が約3分の1と低いのですが,抗うつ剤等の大量服用による救急搬送例が164病院中156病院と多く,患者がその気になれば大量服用できる状況にあることが示されていると思います.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-11 09:28 | 医療