弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

鳥取地米子支判平成26年5月26日,公立八鹿病院のパワハラ長時間労働による自殺事案で約8000万円の賠償命令

サンスポ「医師自殺、病院側に8000万円の賠償命令 パワハラも認定」(2014年5月26日)は,次のとおり報じました.

 「兵庫県養父市の公立八鹿病院の男性勤務医=当時(34)=が自殺したのは、長時間労働と上司のパワーハラスメントが原因として、鳥取県に住む両親が病院側と元上司2人に約1億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、鳥取地裁米子支部(上杉英司裁判長)は26日、計約8000万円の支払いを命じた。

 判決などによると、勤務医は2007年10月から整形外科医として同病院に勤務。長時間労働や、当時上司だった医師2人からの暴力や叱責といったパワハラが原因でうつ病となり、同年12月に自殺した。

 地方公務員災害補償基金兵庫支部は10年8月、自殺は長時間労働による公務災害と認定。両親が同年12月、病院の管理責任だけでなく元上司の個人責任も追及し、提訴した。(共同)」

パワハラ・長時間労働→うつ病→自殺,の因果関係を認めた裁判例です.このまま確定してほしいですね.

【追記】

神戸新聞「8000万円賠償命令の病院側が控訴 八鹿・医師自殺」(2014年6月11日)は,次のとおり報じました.

「兵庫県養父市の公立八鹿病院の男性勤務医=当時(34)=の自殺について、運営する病院組合と上司2人に対し、計約8千万円の支払いを命じた鳥取地裁米子支部の判決を不服とし、被告の病院側と、原告の遺族がそれぞれ10日までに控訴した。

 病院側が4日付、遺族が9日付。判決は、勤務医の過重労働と上司の医師によるパワーハラスメントを認定する一方、勤務医の一部過失を認めた。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-05-26 18:10 | 医療事故・医療裁判