弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

国立病院機構肥前精神医療センターの看護師が傷害容疑で逮捕される

msn産経「入院患者に暴行 男性看護師を傷害容疑で逮捕 佐賀県吉野ケ里町」(2014年8月19日)は,次のとおり報じました.

「佐賀県警神埼署は19日、同県吉野ケ里町の国立病院機構肥前精神医療センターの病室で、入院患者に暴行を加え肋骨を骨折させたとして、傷害容疑で看護師、××××容疑者(58)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成25年9月3日午後8時ごろ、入院中の50代の女性患者を叩いたり膝で押さえつけるなどして肋骨骨折などの重傷を負わせた疑い。××容疑者は「そんなことはしていない」と容疑を否認している。

 神埼署によると、××容疑者は夜間勤務で女性に薬を飲ませようとした際、女性が暴れたため、押さえようとしたとしている。女性から話を聞いた家族が病院に相談して発覚した。

 杠岳文院長は「看護師が逮捕されたことをおわび申し上げます」と陳謝した。」


看護師は否認していますし,真偽は不明です.もし肋骨骨折が事実とすれば,その原因は何によるものか解明していただきたく思います.

【追記】

msn産経「傷害容疑の看護師釈放 佐賀」(2014年9月9日)は,次のとおり報じました.

「佐賀地検は8日、暴れた入院患者を膝で押さえつけるなどしたとして、傷害容疑で逮捕された国立病院機構肥前精神医療センター(佐賀県吉野ケ里町)の男性看護師(58)を処分保留で釈放した。地検は「裏付ける証拠が足りなかった」とした。男性は一貫して容疑を否認していた。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-08-19 19:36 | 医療事故・医療裁判