弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

訪問診療の院長が患者のカードを窃盗の容疑で逮捕

京都新聞「寝たきり患者宅で窃盗容疑 訪問診療のクリニック院長」(2014年8月29日)は、次のとおり報じました.

「寝たきりの患者宅に訪問診療し、クレジットカードを盗んだとして、警視庁昭島署は29日までに、窃盗の疑いで、拝島駅前クリニック(東京都昭島市)の院長で医師の××××容疑者(52)=東京都板橋区中丸町=を逮捕した。

 昭島署によると、××容疑者は「カードを使い、ホームセンターやデパートでペット用品やお茶などを買った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は7月9日午後2時ごろ、昭島市に住む男性患者(80)の自宅からクレジットカード1枚を盗んだ疑い。(共同通信)」


「患者さんにとってご自宅は、安心でき最もリラックスすることができる療養環境です。」と、この院長は、クリニックのサイトに書いています.その院長が、よりによって寝たきりの高齢者から窃盗するとは.
生活に困窮しての犯行ではないと思います.



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-08-30 01:11 | 医療