弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

兵庫県立淡路医療センター,患者の心電図の異常を知らせる警告音に気づかず死亡等医療事故2件(報道)

日テレ「兵庫県立病院で医療ミスによる事故2件発生」(2014年9月16日)は,次のとおり報じました.

「兵庫県洲本市の県立淡路医療センターで去年とおととし、医療ミスによる事故が2件発生、70代の男性患者が死亡していたことがわかった。兵庫県の発表によると去年11月、心不全で入院していた当時70代の男性患者の心電図の異常を知らせる警告音に看護師らが1時間以上気づかず、その後男性患者は死亡した。当時、病棟には当直勤務の看護師が3人いたが、全員が別の患者の対応中で警告音に気が付かなかったという。また、おととし3月、30代の女性患者に対する婦人科系疾患の手術の際、誤ってレーザー器具が患者を覆っていた布に触れ発火し、太ももなどにやけどを負わせたという。兵庫県はどちらの事故も「病院側の過失は免れない」として、患者側に賠償金を支払う方針。」

神戸新聞「患者や遺族に解決金687万円 兵庫県立淡路医療センター」(2014年9月16日)は,次のとおり報じました.

「兵庫県病院局は16日、洲本市の県立淡路医療センター(旧淡路病院)であった医療事故2件について、計約687万円を支払って和解する、と発表した。22日開会の県議会定例会に議案を提出する。

 同局によると、1件は2012年3月の手術中に発生。医師が30代女性の子宮の腫瘍を切除した後、レーザー器具の先端が布に触れて燃え広がり、女性の太ももなどにやけどを負わせたという。同局は器具の使用を誤ったとして女性に賠償金約387万円を支払う。

 もう1件は13年11月、心不全で入院していた70代男性の心停止を示すアラームが鳴っていたにもかかわらず、看護師が1時間以上気付かず、その約3時間後に死亡した。死亡との因果関係は不明だが、容体急変の発見が遅れた過失があるとし、遺族に賠償金300万円を支払う。

 岡本周治県病院事業副管理者は「大変申し訳ない。医療安全対策の取り組みを進め、再発防止に努める」とコメントした。(岡西篤志)」


手術時のレーザーによる熱傷事故,警告音に気付かなかった事故は,残念ながらどちらもよく起きています.

最高裁平成23年2月25日判決(民集第236号183頁)は,「当該医療行為が著しく不適切なものである事案」について,「医師が,患者に対し,適切な医療行為を受ける期待権の侵害を理由とする不法行責任を負うことがある」ことを認めています。
著しく不適切な医療行為が行われた場合,因果関係が証明できなくても,期待権侵害として300万円程度の慰謝料が認められることが多いようです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-09-16 15:34 | 医療事故・医療裁判