弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

厚労省、医師・歯科医師35人に対し免許取り消し業務停止等の処分(報道)

毎日新聞「厚労省:医師・歯科医35人処分」(2014年10月4日)は,次のとおり報じました.

「厚生労働省は3日、医師と歯科医師計35人の行政処分を発表した。医師免許の取り消しは6人で、理事長だった養母を殺害したとして殺人罪などの有罪が確定した当時病院長の××××医師(53)や、大学院の研究室で20代女性の体を無理やり触ったとして強制わいせつ罪の有罪が確定した筑波大大学院の元教授、××××医師(59)が含まれる。発効は今月17日。【桐野耕一、金秀蓮】

医業停止1年以上の処分者は次の通り。(当時の所属医療機関の所在地、医療機関名、氏名、年齢、処分理由。敬称・呼称略)

《免許取り消し》勤務先なし、××××(52)覚せい剤取締法違反
▽東京都足立区、大沢歯科医院、×××(36)大麻取締法違反
▽長崎県佐世保市、佐世保同仁会病院、××××(53)殺人など
▽群馬県渋川市、介護老人保健施設銀玲、×××(59)傷害致死
▽千葉県旭市、国保旭中央病院、××××(29)強制わいせつなど
▽茨城県つくば市、筑波大、××××(59)強制わいせつ

《医業停止3年》大阪府高槻市、緑水会病院、×××(62)覚せい剤取締法違反
▽三重県四日市市、井村整形外科、××××(48)詐欺
▽大阪市、よころ歯科医院、×××××(28)ストーカー規制法違反など

《医業停止2年》鹿児島市、鹿児島大付属病院、×××(38)覚せい剤取締法違反
▽勤務先なし、××××(54)同
▽神奈川県横須賀市、大矢部歯科医院、××××(34)危険運転致傷
▽堺市、ナガヤマクリニック、××××(69)詐欺

《医業停止1年6カ月》神奈川県秦野市、高橋歯科医院、××××(69)大麻取締法違反

《医業停止1年》千葉県市原市、千葉労災病院、××××(30)傷害」


上記に明らかなとおり業務上過失致死罪で処分された医師,歯科医師はいません.
「刑事処罰を」,「行政処分を」という相談者も少なくありませんが,現実に医療過誤(業務上過失)で刑事処罰,行政処分が下される医師,歯科医師はきわめて少数です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-06 21:04 | 医療